当て逃げ続報

当て逃げした方の車の持ち主が、解雇されたようです。

以下参照。

http://www.dwest-web.com/

まあ、真実かどうかは別にして、車を誰に貸していたかわからないって、無理があると普通は思うわな。

しかも、結構イロイロいじってる車だったようだし。

そういう人って、自分の愛車をそう簡単にかすものなんかね。

まあ、貸していたっていう言い分が真実かどうかは、自分にとってはどうでもいいんでこだわらないけど。

純粋で素朴な疑問です。

しっかし、持ち主もすぐに事情聴取に応じていれば、結果は変わっただろうに。

示談金払わないですんだかわりに職を失って、なおかつ、諭旨じゃなくて懲戒って。

時に、懲戒免職って上記サイトにはかかれてますけど、懲戒解雇ですよね、本当は。

当て逃げされた方の人も結構長いこと、警察の方に振り回されていたようで。

その辺は下のサイト読むとわかりやすいです。

http://www6.atwiki.jp/blog-enjyou/pages/36.html

思ったんだが、これって、結局のところ、「足立区竹ノ塚署の交通捜査係のグンジ室長、イワサキ氏、途中まで関わっていたモリカワ氏」(引用)らがもう少しきっちり動いてれば、当て逃げされた人も当て逃げした車の持ち主も、この結果よりもしあわせだったんジャマイカ?

「当て逃げ続報」への3件のフィードバック

  1. 懲戒免職も懲戒解雇も意味はほとんど同じだ

    懲戒免職は、公務員に対しての言葉であるのに対し

    一般の会社員の場合は、懲戒免職も懲戒解雇もどちらも使用される

    故、間違いとは言い切れない

  2. 言いたいことは伝わるからそういった意味じゃ問題なすだが、懲戒免職って、一般会社員に対しても使うんだっけ。

    まあ、これもマタ結構どうでもいいんだけど。( ´ω`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>