Q6600 G-0ステッピングの実力

えー、この間、Q6600のG0ステッピングをゲットしました。

で、ようやく箱やらなんやらも届いて、マシンもほぼできあがったので、軽くOCかけてみました。

そしたらですね。

電圧にカツ入れなしで、

266 * 9 = 2400MHz

から

350 * 9 = 3150MHz

まで、さっくりあがっちゃいました。

しかも、なぜか、電圧が現状、1.2V(cpu-z, everest参照)みたいなんです。

1.25V(CoreTemp VID参照)なのかもしれないけど、どっちにしても少ないんです。

ちなみにBIOSだとNormal設定です。

一応Normalは1.25Vよ、みたいな感じで出てたので、1.25なんでしょうか。

で、元々Q6600は、定格で1.35Vです。

どうやら、石が、そんなにいらねーって言ってるみたいなんです。

メモリの方はさすがにカツ入れないと回らないorエラー起こすので、0.2V追加で盛って2.05Vです。(525 * 2で回ってる)

366 * 9までもってくと、さすがにCPUにカツ入れないといけないようです。

っていっても、定格電圧にまで昇圧すれば普通に回ってくれます。

なんていうか、なにこのCerelon 300A。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>