サーバ機のマザーボードとCPUを換装してみた

今までのCPUはAthlonX2だったんだけども、Core2Duoへ移り変えることに。
現在、amd64アーキテクチャを使っているわけで、これって載せ替えるだけじゃだけじゃきっとダメだよなー、と思いつつ、一応調べてみた。
するとこんなことが書いてある。

Debian 4.0 (etch) のリリースから、AMD64 は公式にサポートされる Debian アーキテクチャとなりました。

同移植版は、AMD64 拡張付きの AMD 64 ビット CPU 用および EM64T 拡張付きのすべての Intel CPU 用のカーネルと、共通の 64 ビットユーザ空間で構成されています。

http://www.debian.org/ports/amd64/

あれ。
EM64TってC2D使えるよな。
ひょっとしてママンとCPU載せ替えるだけで動いちゃったりしちゃうんじゃない?
ということでまずはくそでかいCPUクーラーのNINJA様を引っぺがすところからはじめて、まずは最小構成でBIOS起動するかとか確認しつつ、悪戦苦闘しながらも載せ替え完了。
とりあえず電源入れてみる。
おお、grub2の画面出現。
いや、まあ、まて。
これでカーネル選んだらパニック起こすんだろ?
ポチ。
mdは認識されたがfsckでこけてる。
fdiskで/dev/sdxをチェック。
HDDの割り当てが変わっていたので/etc/fstabを書き換えて再起動。

fooooooooooooooooooooooo

動いた。
とりあえず動いているように見える。
少なくとも今こうして文章かけてる時点でbindとapacheは動いてる。
ftpもOKだ。
メールもいけてる。
dmesgたたいても怪しいところはない。
debian神過ぎだろ。

ちなみに、CPUは元がAthlon 64 X2の5800+だか6000+。
で、変更したのはCore 2 Duo E6850。
大して変わらないだろとつっこみがきそうだが、発熱がえらい下がった。
今CPUファンレスで34度。
忍者さすがと言わざるを得ない。

「サーバ機のマザーボードとCPUを換装してみた」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>