debianで文字コードをeucからutf-8に変更

うちのサーバ機はもうwoody時代から運用されている。
その当時、日本語ロケールはja_JP.eucJPが常識だった。
sargeまではそうだったんだが、etch時代になって日本語ロケールはja_JP.UTF-8が常識に変わった。
そして今の運用状況は相変わらずsidであり、lennyやsqueezeどころかっていう世界。
ということで、超今更ながらロケールの変更に挑戦しようと思った。
なんかめんどくさそうだから後回しにしてたんだけど。

そこでとりあえず

# dpkg-reconfigure locales

してみたところ、すでにUTF-8のロケール自体は生成されていた。
ので、デフォルトを変えるだけでロケール変更はOKということで、

# update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

さて。これからどうしたらいいものか。

とりあえず

# grep euc /home/*/.bashrc

してみた。
すんげーでてきた。
language-env使ってたからなぁ。
ちなみにlanguage-envはeuc環境のためのものであって、現在非推奨である。

とりあえず、ファイル名を変更しようとconvmvを使う。
まずそもそもeucなファイル名のやつがあるのかどうか調べる。
っておもったけど、どうせhome以下にしかないだろうからいっか。

とりあえず.bashrcをどうにかしないと。
ということで、.bashrcの中身をいったんごっそり削除して、以下のようにした。

LANG=ja_JP.UTF-8
export LANG

EDITOR=vim
export EDITOR

PAGER=lv
export PAGER

alias ls=”ls -F –color=auto”
alias vi=”vim”
alias less=”lv”

. /etc/bash.bashrc

とりあえず問題なさそうに見える。

設定ファイルのコメントなんかはおいおい変えていくか。
設定ファイルに日本語で設定してるのってたぶんないだろうし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>