linuxでe1000

今のママンにはとりあえず蟹さんのネットワークチップがのってるわけだけども、intelのNICもPCIに刺さっていたりする。
なんだけども、結局使っていない。
なぜかというと、使うとカーネルがエラーはきまくってNICが死ぬからだ。

なんだが、電源問題とCPUの熱問題が解決した今、ひょっとしたらいけるんじゃ無かろうかと思って再挑戦。
とりあえず、lspciしてみる。

03:05.0 Ethernet controller: Intel Corporation 82541PI Gigabit Ethernet Controller (rev 05)

確かこの子、e1000ってドライバでカーネルに付属していたはず。
ということはだな。
ethの対応を変えてやれば幸せになれるんじゃ無かろうかと。

つーことで、/etc/udev/rules.dをみてみる。

# ls
65_mdadm.vol_id.rules   70-persistent-net.rules      z60_hdparm.rules
70-persistent-cd.rules  70-persistent-net.rules.bak

あ、はい。
あからさまに過去の遺産っぽいbakupファイルが。
とりあえず、70-persistent-net.rulesの中身を見てみた感じ、ここでNICの名前の対応とドライバの対応、MACアドレスの割り当てをしているようだ。
つーことで文法よくわかってないけど見よう見まねで適当に設定。

# Intel NIC
SUBSYSTEM==”net”, ACTION==”add”, DRIVERS==”?*”, ATTR{address}==”xx:xx:xx:xx:xx:xx”, ATTR{t
ype}==”1″, KERNEL==”eth*”, NAME=”eth0″

再起動してみた。

Apr 27 01:26:36 debian kernel: [   21.125579] ADDRCONF(NETDEV_UP): eth0: link is not ready
Apr 27 01:26:36 debian kernel: [   24.512774] e1000: eth0: e1000_watchdog: NIC Link is Up 1000 Mbps Full Duplex, Flow Control: RX
Apr 27 01:26:36 debian kernel: [   24.514307] ADDRCONF(NETDEV_CHANGE): eth0: link becomes ready

あ、幸せになれたみたい。

すんげー今更なんだけど

今自分が使っている椅子はgiroflex44っていうやつなわけです。
まあこれなんですけど。
でさー。
バックテンションがもう少し強ければナーって思ってたんですよ。
で、りこの人が最近椅子がほしいほしいと。
で、ふと椅子を眺めてみたわけです。

あれ、なんだろ、このくるくる回すやつ。
あれ、こっち方向まわらないな。
とりあえず逆に回してみるか。

はい、バックテンション強くなりました。
サーセン

grub2のupdate-grubで怒られた

怒られた内容は以下。

# update-grub
Generating grub.cfg …
Warning: update-grub_lib is deprecated, use grub-mkconfig_lib instead
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.26-2-amd64
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.26-2-amd64
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.26-1-amd64
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.26-1-amd64
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.24-1-amd64
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.24-1-amd64
done

あ、はい。
とりあえずそういうときはgrepだろ。

# cd /etc/grub.d/
# grep update-grub *
00_header:# update-grub helper script.
10_hurd:# update-grub helper script.
10_hurd:. ${libdir}/grub/update-grub_lib
10_linux:# update-grub helper script.
30_os-prober:# update-grub helper script.

あ。はい。

# vi 10_hurd

. ${libdir}/grub/update-grub_lib

. ${libdir}/grub/grub-mkconfig_lib
に書き換え。

# update-grub
Generating grub.cfg …
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.26-2-amd64
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.26-2-amd64
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.26-1-amd64
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.26-1-amd64
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.24-1-amd64
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.24-1-amd64
done

幸せになれた。

携帯のキャリア選び

データ通信系はさておき携帯のキャリアで選択肢に挙がるのは通常ドコモ、au、ソフトバンクの三つだろう。
で、自分の身の回りには意外と(というと失礼かもしれないが)auがいる。
なもんだけど、いろいろと比較してみるとauのメリットがわからない。
いや、初期費用だけは端末価格が他と比べて安いんでまあやすいっちゃやすい。
けど、月々の支払いに関してはドコモのバリュープランと比較するとメリットが見あたらない。
auとドコモの料金体系はよく似てて、従来のベーシックプランだとauとドコモの料金の差はほとんどなかった。
けど、バリュープランが導入されてからは完全にauかdocomoかならdocomoになる。
具体的には月1000円程度キノコの方が安くなる。
あと、ついでに、障害者手帳なんか持ってる人に対する優遇もキノコが優秀だったりする。
いつの間にかパワーアップしてて、基本料金60%割引とかになってる。
バリュープランでハーティ割引とかやるとかなりやすくなる。

そして禿の方なんだけども、あっちはホワイトプランが盛んに宣伝されているわけで、まあ、基本的にそれ目当てで選ぶかiPhoneねらい、あるいはディズニー好きとかまあネタとしてはいろいろある。
ホワイトプランは禿携帯同士ならご存知の通り1時から21時まで通話料無料。
SMSを使えばメールも無料。
キノコでもファミ割に入ってれば通話料とかメール代も無料にはなるけども、かれかのでもちたい時なんかは一人で二回線契約して一人ファミ割を禿で組んで、新スーパーボーナス一括で月々8円で利用する幸せな技がある。
まあ、もたせた相手が禿以外のキャリアに通話とかしたら涙目になるわけだが。
まあその辺の詳しい話は別エントリでそのうち書くつもりだけども、簡単に言えば、禿は月々利用料8円で使えるんで、禿持ちの友達がいたりしょっちゅう電話するけどファミ割組めない人がいる場合、禿のホワイトプランはかなり有効だったりする。
ただし、キノコとかauとかと違って無料通話分がないし、時間あたりの通話料はキノコやauのタイプSSと同等の30秒21円くらいだったはずなんで、禿以外の人と電話をするには向かない。
禿同士でも21時から25時にしょっちゅう電話する人にもやっぱり向かない。
まあ、一応ホワイトプラン以外にも実はいろいろというかプランがあって、簡単に言えばキノコのコピープラン(ブループラン)とauのコピープラン(オレンジプラン)ってやつもあるんだけど、それ使うなら素直にそれぞれのキャリアを選べばいいし。
ブループランバリューも実は微妙にドコモの方がやすいしね。
eビリング使うとドコモの基本料金は100円引かれるし、iモード基本使用料とSベーシック基本使用料はiモードの方が100円やすいし、ハーティ割引も禿のブループランだと50%割引なんで。
それにホワイトプランじゃないと禿同士の通話メール無料がなくなるしね。
更に言えば店員はまずホワイトプラン以外はすすめてこない。
自分から言い出さない限りまずホワイトプラン以外がでてくることはない。

まあ、つまりはどういうことかというと、禿専用機で禿携帯を月々8円で所有、その他向けでキノコをメインとして所有が大抵は幸せになれると思うわけだ。
禿の友達がほとんどっていうなら禿一本がいいだろうし、禿の友達ほとんどいないっていうならキノコ一本でいいし、両方そこそこいるっていうなら二本立てでキノコと禿両方もつのがいいだろうっていう。
で、auのメリットってなんかあるの?
いいところが本当にわからないんだよなー。

mixi日記抹殺

ということでmixiからの日記のインポートができたので、mixi上の日記は全部削除しました。
削除もいちいちチェックボックス入れてで、すべてチェックする的なのがなかったんでまんどかった。
次は昔の日記のカテゴリわけだなー。
WordPressのプラグイン探しのたびが続く。。。

mixiからWordPressへの日記の移行

mixiで多少日記を書いていたんだけども、それをWordPressに移行したいナと思った。
で、mixiで自分の日記を見ようとしたら、外部ブログ設定してるとどうやら過去に書いたものを表示させることさえできない模様。
仕方がないのでいったんmixiブログを使用するように戻す。

続きを読む mixiからWordPressへの日記の移行

mixiとWordPressの連動

とりあえずmixi一応使ってるわけで、連動させなきゃいけないな、ということでちょろっとぐぐってみた。
すると、なんか外部ブログとして設定するほかにもmixiに同時投稿するようなプラグインがでているようだ。
個人的にはmixiとかその他いろいろなところが運営しているブログサービスやらあるけども、そういうところ、いわゆる第三者管轄下にあるところにあんまりデータをおきたくない。
ということで、mixiに同時投稿するんじゃなくて普通に外部ブログとして設定する方向に。
同時投稿はきっとこの辺のサイトを参考にすればできるんじゃないだろうか。

んでまあ、mixiの設定画面だとWordPressに直接は対応していなかった。
そういうわけで、外部ブログの設定でその他を選んでrssのURLを指定しないといけない。
でまあWordPressのディレクトリのぞいてみたらなんかそれっぽいのが三つもある。
wp-rdf.php wp-rss.php wp-rss2.php
でまあまたぐぐってみたら wp-rdf.php が正解らしい。
ということで設定してみたらいけた。

ちなみに、結構文字コード関連でトラブルが発生してうまくいかないことがあるらしい。
うちはUTF-8で構築したからかなんら問題おきずあっさりいったけど、うまくいかない人はRSS FeedのValidiateが通らないようだ。
まあ、そういう場合はエラー内容眺めて場合によってはスクリプトを改造しなければならない模様。

ワードプレスでパーマリンクを設定してみた

以前は設定しようとしてもうまくいかなかったパーマリンク設定。
特に何を変えたと言うことでもないんだけど今回はうまくいった。
おそらくapache周りに当時のバージョンで不具合があったんだろう。
(うちのサーバはdebian/sidです)
ということでやり方を簡単に。

  1. apacheにmod_rewriteモジュールをつっこむ。
  2. .htaccessを使うなりapache側で設定するなりして、WordPressの公開ディレクトリ(index.phpのあるディレクトリ)で以下を有効にする。
    • FollowSymLinksオプション
    • FileInfoディレクティブ
  3. WordPressでパーマリンク設定をする。
  4. .htaccessが公開ディレクトリになければ作って以下を記述。
    あってなおかつwwwに書き込み権限がある場合は勝手に記述されるので必要なし。
    あってもwwwに書き込み権限がないならやっぱり記述。
    っていうか書き込み可能に普通しないよね。

    • <IfModule mod_rewrite.c>
      RewriteEngine On
      RewriteBase /
      RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
      RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
      RewriteRule . /index.php [L]
      </IfModule>

前も同じことやったはずなんだがうまくいかなかったんだけど、まあ、うまくいってよかった。