LinuxでNTFS、Windowsでext3パーティションを扱う

今のうちの環境はWindows XPとLinuxのデュアルブート。
とりあえず、Linux、Windows双方からそれぞれNTFS、ext3を取り扱えるようにしたい。

で、ntfsprogsというやつでLinuxでNTFSパーティションを扱えるらしい。
これを入れると、NTFSパーティションをマウントするときはntfsmountで行えるようになる。
んで、いちいち手動マウントは面倒なので、/etc/fstabに記述しておきたい。
man ntfsmountとしてみると、こんな記述がある。

SYNOPSIS
ntfsmount device mount_point [-o options]
mount -t fuse.ntfs device mount_point [-o options]

/etc/ftsab entry:
device mount_point fuse.ntfs options 0 0

ということでtypeをfuse.ntfsと記述すればいいようだ。
うちの環境では対象パーティションがRAID0なんだけども、どこがなんだか忘れたので取り合えずみてみる。

# fdisk -l /dev/mapper/isw_bgdcchejeh_stripe

Disk /dev/mapper/isw_bgdcchejeh_stripe: 858.9 GB, 858993983488 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 104433 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0xac9dac9d

Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/mapper/isw_bgdcchejeh_stripe1   *           1          13      104391   83  Linux
/dev/mapper/isw_bgdcchejeh_stripe2              14       12749   102301920   83  Linux
/dev/mapper/isw_bgdcchejeh_stripe3           12750       25498   102406342+   7  HPFS/NTFS
/dev/mapper/isw_bgdcchejeh_stripe4           25499      104433   634045387+   f  W95 Ext’d (LBA)
/dev/mapper/isw_bgdcchejeh_stripe5           25499       52269   215038026    7  HPFS/NTFS
/dev/mapper/isw_bgdcchejeh_stripe6           52270      103262   409601241    7  HPFS/NTFS
/dev/mapper/isw_bgdcchejeh_stripe7          103263      104433     9406026    7  HPFS/NTFS

こんな感じらしい。
マウント先を/ntfs以下にまとめようと思う。

# mkdir /ntfs
# cd /ntfs
# mkdir winxp
# mkdir work
# mkdir free

使うディレクトリを掘ったところでfstabに試し書き。

/dev/mapper/isw_bgdcchejeh_stripe3      /ntfs/winxp     fuse.ntfs       defaults        0       0

マウントしてみようとしてもうまくいかない。
man ntfsmountの言う通り、mount -t fuse.ntfsとか試してみてもうまくいかない。
しかたがないのでぐぐる。
こんなのでてきました。
typeをntfs-fuseに変えてみたらあっさり動いた。
日本語ファイルも問題なく認識できている。
オプション特に不要だろ。
ということで/etc/fstabには以下のように記述。

#ntfs
/dev/mapper/isw_bgdcchejeh_stripe3      /ntfs/winxp     ntfs-fuse       defaults        0       0
/dev/mapper/isw_bgdcchejeh_stripe5      /ntfs/work      ntfs-fuse       defaults        0       0
/dev/mapper/isw_bgdcchejeh_stripe6      /ntfs/free      ntfs-fuse       defaults        0       0

めんちいのでmount -aたたいてみて軽くディレクトリをチェックしてみる。
マウントできてる。
念のため再起動。
いけた。

で、次はWindows。
するとこんなのがみつかった。
ext2fsdというもの。

インストール時、Select Additional Tasksの画面のやつで全部チェック入れる。
(自動起動でext2, ext3ファイルシステムへの書き込みも有効にする)
で、インストールが終わったらLinuxパーティションにWindowsのドライブレターを割り当てる。

でけた。
Windowsの方短いな。

「LinuxでNTFS、Windowsでext3パーティションを扱う」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>