Windows XPのサービスパック統合CDを作る

Windows XPだけじゃなくて2000とかも同じ方法でできる。
Vistaは無理。
今回はWindows XP SP1にSP3とIntelのICHxRのRAIDドライバを統合する。

準備するもの

  • Windows XPのインストールディスク
  • Windows XPのSP3のISOイメージ(ファイルで構わないがISOイメージしか配ってなかった)
  • 統合したいドライバ(今回はICHxRのIntel Matrix Storage DeviceのRAIDドライバ)
  • nLite
  • WindowsでISOをマウントできるツール(普通DaemonToolsになると思う)
  • .NET Framework 2.0(monoだとあるはずのディレクトリが見つからないと言われて動かなかった)

nLiteは2000, XP, 2003の32bit, 64bit版に対応している、Windowsのサービスパックやドライブ、ホットフィックスなどの統合及びいらないものの削除等々ができるナイスなツール。

で、まずnLiteと.NET Frameworkはインストールしたとして、XPのディスクの中身を作業フォルダにつっこむ。
XPのSP3のイメージを拾ってくる。
統合したいドライバを準備する。

nlite1

nLiteを起動して、元となるコピペしたWindowsのインストールディスクの中身の入ったフォルダを指定する。

nlite2

今回はサービスパックとドライバを統合して、ISOイメージを作るので以下のように設定。
邪魔なWindowsコンポーネントとかも消せるので、興味がある人は触ってみれば多分直感的にわかる。

nlite3

先に進むと統合するサービスパックを選べと言われるので、用意してあったサービスパックのイメージをマウントして、それを指定する。

nlite4

nlite5

これでSP3を統合してくれるので、次へ進む。
で、今度はドライバの指定。
同じような感じ。
画像では単体をさしてるけど実際はフォルダしていしてICHxR系全部つっこんだ。
32bitと64bitドライバが混合しているような場合はちゃんとアーキテクチャにあってるやつ選ばないとやばいけど、今回は全部32bitドライバなので問題ない。

nlite6

nlite7

ドライバの統合が終わったら最後にISOイメージの作成。
ISO作成ボタンをおせばいいだけ。
一応それっぽいラベルもつけた。

nlite8

これでXPのSP3とICHxRのドライバを統合したディスクイメージが出来上がり。
ICH9RとかのRAID機能を使っているマシンにXPを再インストールしたいような場合、かなり楽になる。
あらかじめnVidiaのドライバ組み込んでおいたりっていう使い方なんかもできるし、人によってはかなり重宝する。
まあ人によっては全然魅力感じないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>