amd64でskypeを使ってみる

Skypeの公式にいくと、Linux版もご丁寧に用意されている。
で、debianなんでdebパッケージ拾って来たんだけど、i386でビルドされてるからつかえねーよごるあっていわれた。
64bitだと何かと面倒だな。
とりあえず、どうにかできんかなーと思って必要な事前パッケージいれてみる。

  • Software requirements
  • Qt 4.2.1+
  • D-Bus 1.0.0
  • libasound2 1.0.12

だそうだ。

続きを読む amd64でskypeを使ってみる

LinuxでMSN Messengerを使う

なんかないかと思って検索してみた。
あったんで入れてみた。

# aptitude search msn
i   amsn                            – Tcl で書かれた MSN メッセンジャ

起動してみた。
動いた。
Languageの選択もできて、Language Managerってので日本語言語いれてみたんだけど、テラ文字化け。
たぶんEUCあたりでかかれてるんだろう。
Englishに戻してサインインしてみたところ、名前は日本語で見える。
普通に使えそう。

続きを読む LinuxでMSN Messengerを使う

ich9rでRAID0およびRAID5を構築しているマシンにdebianをUSBメモリからインストールしてみる

前作ったUSBメモリのdebianインストーラ
ICH9RでRAID0およびRAID5で構築しているマシンにインストールを試みたところ、予想通りうまくいかない。
HDDが/dev/sdxで認識されており、RAIDとして認識されていない。
この状態でインストールするとRAIDのデータが激しくぶっ壊れて涙目になるわけで、とりあえず、i386じゃなくてamd64で使いたいんでそっちの準備をする。
前回はLinuxでUSBブートディスクを作成したが、今回はWindowsで作ってみようと思う。

ブートイメージの流し込みはlinux だと

zcat boot.img.gz > /dev/sdd

で幸せになれたが、zcatがwindowsではないので、何か無いかと思ったらdd for windowsというものがあった。
ということでまず入れてみる。
で、amd64用のboot.img.gzをとってくる。
んで、とってきたイメージはgzip圧縮されているのでとりあえず適当な解凍ツールで解凍。
うまれたboot.imgを使ってdd for windowsでUSBメモリにイメージを流し込む。

ddforwindows1

dd for windowsはビッグドライブに対応していないようだが、まあ気にしない。
netinstイメージをとってきてUSBメモリにつっこむ。

これでUSBからブートしてみる。
とりあえず起動はした。

続きを読む ich9rでRAID0およびRAID5を構築しているマシンにdebianをUSBメモリからインストールしてみる

ブートローダが消滅してしまった件

今使っている自分のマシンはICH9Rを使ってHDD3本でRAID0およびRAID5を構築している。
で、今、OSがWindows7 64bit βとWindows XPをつかっていたんだけども、Windows 7を消してdebian amd64を入れようとした。
そこでUSBメモリからnetinstでいれようとしたんだけれども、partitionerでパーティション切り直そうとしたときになんか死亡した。
その結果、ブートローダが消滅してブートできなくなった。

  1. Windows 7はCドライブに入っていた
  2. Windows XPよりもあとにWindows 7を入れた
  3. debianをWindows 7の代わりに入れようとした

まあそういうことで死亡したわけです。

とりあえず、Windows 7を入れ直せばXPも復活するだろうと言うことで、入れ直してみた。

。。。復活しない。

Windows 7はWindows Vistaと同じブートローダを使っていて、BCDってやつになってる。
使い方なんぞ知るわけがないが、背に腹は代えられない。
調べて何とかするしかない。

BCDを編集するには、bcdeditってやつを使うらしい。
とりあえず、Windows XPのブートローダはntldrってやつだ。
bcdedit /? を見る限り、ntldrに関する設定もできるようだ。
bcdedit /enum all とかやって現在の設定状況を見てみるも、さっぱりntldrに関する記述が見あたらない。
自分でかけってことですね、はい。

で、なんかおかしなことに気がついた。
Windows XPのインストールドライブはHドライブになっているんだが、NTLDRがない。
boot.iniもない。
いや、前あったはずなんだけど。
仕方ないのでWindows XPのインストールCDのI386から、NTLDRとNTDETECT.COMをコピーしてくる。
で、boot.iniをこんな感じで記述。

[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(3)WINDOWS
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(3)WINDOWS=”Microsoft Windows XP Professional” /fastdetect /NoExecute=OptIn

ドライブレターはHなんだけども、物理的には先頭から3番目に入っているので。

で、次にbcdeditでBCDの編集。

bcdedit /create {ntldr} /d “Windows XP”
bcdedit /set {ntldr} device partition=H:
bcdedit /set {ntldr} path ntldr
bcdedit /displayorder {ntldr} /addlast

意味としては、HドライブのNTLDRを使ってブートするんだぜ、ってエントリを追加ってかんじ。
これで再起動したところ、ちゃんとBCDのメニューにXPが追加されていて、XPで起動できた。
危ない危ない。

USBメモリからdebianをインストールする

準備するものは以下。

適当なマシン
USBメモリ
USBメモリからブート可能なインストールしたいマシン
正直Windowsは余りよくわからないので今回作業するマシンはLinux。

  1. USBメモリをLinuxマシンにぶっさす(ファイルシステムがFATじゃなかったらFATでフォーマットするべし)
  2. boot.img.gzをもってくる(この辺にある)
  3. イメージをUSBメモリに流し込む
    # zcat boot.img.gz > /dev/sdd
  4. USBメモリをマウントする
    # mount /dev/sdd /mnt/usb
  5. Debianのnetinstかbuisinesscardイメージをusbメモリにつっこむ
    # wget http://cdimage.debian.org/debian-cd/5.0.1/i386/iso-cd/debian-501-i386-netinst.iso
    # mv debian-501-i386-netinst.iso /mnt/usb/netinst.iso
  6. アンマウント
    # umont /mnt/usb
  7. USBメモリを引っこ抜く
  8. 入れたいマシンのUSBにUSBメモリをさして、BIOSの設定をいじるなどしてUSBメモリからブートする
  9. 幸せになれる