システムレイアウトを変更 その1

とりあえず、既存の環境からドメインUにすることに成功したので、本格的にシステムレイアウトを変更することに。
以下のような感じ。

xen

ドメイン0を新規に立ち上げ、今までのwaterblue.netのサーバをドメインUに。
また、HVMゲストとしてWindows XPを動かす。
ドメイン0はXenのホストドメインであるとともに、認証サーバとして機能する。
ファイルシステムはLVMを用い、各ドメインはLVMの論理ボリュームをファイルシステムとして用いる。
また、ディスクのミラーリングも行う。

ホストドメインのインストールをまず行う。
今回はある程度稼働確認ができてからRAID0を構築する。
でないと、こけたときに既存環境から復活ができなくなるので。

ということで、まず、普通にDebianのインストールを開始、パーティションは豪快に二つだけにする。

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *           1          31      248976   83  Linux
/dev/sda2              32       38913   312319665   8e  Linux LVM

こんな感じで。
sda1は/boot、sda2はLVMの物理ボリューム。

LVMの論理ボリュームは各ドメインに1個ずつ割り当てる。
domain0用のボリュームは20G, swap領域を4G, windows用が30G, 残りをサーバに。

  --- Logical volume ---
  LV Name                /dev/MS-09/root
  VG Name                MS-09
  LV UUID                kon5Pp-RP2S-Dsrj-JfxD-Y1fm-mj5H-Y09LBA
  LV Write Access        read/write
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                20.00 GB
  Current LE             5120
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:0
  
  --- Logical volume ---
  LV Name                /dev/MS-09/swap_1
  VG Name                MS-09
  LV UUID                XZfG0d-ohmc-V53G-ef54-9V9Q-Ab58-zX1qMz
  LV Write Access        read/write
  LV Status              available
  # open                 0
  LV Size                4.00 GB
  Current LE             1024
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:1
  
  --- Logical volume ---
  LV Name                /dev/MS-09/win
  VG Name                MS-09
  LV UUID                0GUgp0-hqFj-341v-4p8F-7b7q-8nQA-uuasXJ
  LV Write Access        read/write
  LV Status              available
  # open                 0
  LV Size                27.94 GB
  Current LE             7152
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:2
  
  --- Logical volume ---
  LV Name                /dev/MS-09/debian
  VG Name                MS-09
  LV UUID                lP5dI9-gHZV-g4yj-AnPQ-YbCu-OZce-cAfxS4
  LV Write Access        read/write
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                238.59 GB
  Current LE             61078
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:3

で、ドメイン0用の論理ボリュームと/bootとなる/dev/sda1を使ってインストールを完了。
ドメイン0が起動したら、sshとxenをインストール。

# aptitude install ssh xen-linux-system-2.6.26-2-xen-amd64

再起動してxenカーネルで起動。
既存のサーバ環境を前回作ったイメージからLVMの論理ボリュームにうつす。
イメージを作ったときの手順とほぼ同じ。
別に一旦イメージに入れる必要はないけど、動くかどうかの不安からこういう流れにした。

# mount /dev/sdc1 /mnt/tmp
# mount -o loop /mnt/tmp/disk.img /mnt/img
# mount /dev/mapper/MS–09-debian /mnt/debian
# cd /mnt/img
# cp -pr bin/ boot/ cdrom chroot/ data/ dev/ emul/ etc/ home/ lib* media/ mnt/ opt/ root/ sbin/ selinux/ srv/ usr/ var/ /mnt/debian
# cd /mnt/debian
# mkdir tmp
# mkdir sys
# mkdir proc
# chmod 777 tmp

準仮想化用の設定ファイルを書く。
みそは、diskラインで、LVMの論理ボリュームを直接みにいくようにしているところ。

kernel=’/boot/vmlinuz-2.6.26-2-xen-amd64′
ramdisk=’/boot/initrd.img-2.6.26-2-xen-amd64′
memory=3072
name=’debian’
root=’/dev/sda1′

disk =    [
‘phy:/dev/mapper/MS–09-debian,sda1,w’,
]

vif =    [
‘mac=00:16:3E:FE:83:92,bridge=eth0′
]
vcpus=2

on_poweroff = ‘destroy’
on_reboot   = ‘restart’
on_crash    = ‘destroy’

起動。

# xm create debian

動いた。

Windowsもdisk部分でLVMの論理ボリュームをみにいくように設定するだけで、他は完全仮想化の設定と基本的に同じなので、こっちを参照。
ちなみに、Windowsのインストール時はメモリを多めにもらないと、ページフォルトでブルースクリーンが出てしまう。
一回入れればメモリの割り当て量を減らしても大丈夫なようだが、インストール時は多めに割り当てましょう。
とりあえず1Gまわしておけば大丈夫だった。


「システムレイアウトを変更 その1」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>