システムレイアウトを変更 その2

前回の続き。

前回まででLVM上にDomain0, DomainUの構築が終わったので、次はLVMのミラーリングを行う。
ディスクはフルミラーするので、根っこからミラーリングしちゃう。
mdadmを使ってRAID1の設定をすることにする。

まず、sdaのパーティションレイアウトと同じようにsdbを構成しなおす。

# fdisk /dev/sda

Command (m for help): p

Disk /dev/sda: 320.0 GB, 320071851520 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 38913 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x0000a561

Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *           1          31      248976   83  Linux
/dev/sda2              32       38913   312319665   8e  Linux LVM


# fdisk /dev/sdb

Command (m for help): p

Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1   *           1          12       96358+  fd  Linux raid autodetect
/dev/sdb2              13        1228     9767520   fd  Linux raid autodetect
/dev/sdb3            1229        7307    48829567+  fd  Linux raid autodetect
/dev/sdb4            7308       38913   253875195    5  Extended
/dev/sdb5            7308        7550     1951866   82  Linux swap / Solaris
/dev/sdb6            7551       19708    97659103+  fd  Linux raid autodetect
/dev/sdb7           19709       22140    19535008+  fd  Linux raid autodetect
/dev/sdb8           22141       24572    19535008+  fd  Linux raid autodetect
/dev/sdb9           24573       25058     3903763+  fd  Linux raid autodetect
/dev/sdb10          25059       38913   111290256   83  Linux

Command (m for help): d
Partition number (1-10): 1

Command (m for help): d
Partition number (1-10): 2

Command (m for help): d
Partition number (1-10): 3

Command (m for help): d
Partition number (1-10): 4

Command (m for help): d
Partition number (1-10): 1

Command (m for help): d
Partition number (1-10): 2

Command (m for help): d
Partition number (1-10): 3

Command (m for help): w

一旦、/etc/mdadm/mdadm.confから既存のRAID設定を消して/dev/md*も消す。
んでもってupdate-initramfs -u -k allする。
パーティションも綺麗にして再起動。
パーティションを作成する。

# fdisk /dev/sdb

Command (m for help): n
Command action
e   extended
p   primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 1
First cylinder (1-38913, default 1):
Using default value 1
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (1-38913, default 38913): 31

Command (m for help): n
Command action
e   extended
p   primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 2
First cylinder (32-38913, default 32):
Using default value 32
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (32-38913, default 38913):
Using default value 38913

Command (m for help): t
Partition number (1-4): q
Partition number (1-4): 1
Hex code (type L to list codes): 83

Command (m for help): t
Partition number (1-4): 2
Hex code (type L to list codes): 8e

Command (m for help): w

で、ここで止まった。
mdadmでRAID1を構築することになるんだけども、マウントされている状態での構築はできない。
ということで、インストーラでexpert installから起動してディスクの検出まで進めてから、シェルを起動してmdadmでアレイを構築しようとしても、エラーが。

# mdadm –create /dev/md1 –level=1 –raid-devices=2 /dev/sd[ab]1
mdadm: error opening /dev/md1: No such file or directory

これでだいぶはまったけど謎は解けた。
すんごいシンプルな。

# modprobe md_mod

mdモジュールがロードされてなかった件^p^

それで/bootのアレイは作れたのだけれども、LVMの方がうまくいかない。
どっかの論理ボリュームがなにかに握られていてアレイがつくれない。
LVMを停止しようとしても止められない。
別のOSから起動してもダメで、しかたがないので、ドメイン0の構築時にRAIDアレイを作成して、その上にLVMで論理ボリュームを作成する素直な手順でやり直すことに。

で、パーティションの設定時にまず、sda1, sda2, sdb1, sdb2のファイルシステムをLinux raid autodetectに設定。
まあこんな感じで。

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *           1          31      248976   fd  Linux raid autodetect
/dev/sda2              32       38913   312319665   fd  Linux raid autodetect
   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1   *           1          31      248976   fd  Linux raid autodetect
/dev/sdb2              32       38913   312319665   fd  Linux raid autodetect

/dev/sd[ab]1と/dev/sd[ab]2で構成するRAID1のアレイを作成、その上に一方は/boot用のext3ファイルシステム、もう一方をLVMで作成、LVM上に物理ボリュームおよび論理ボリュームを作成していってすんなりと。
ああ、その前にちゃんとサーバ用のLVMのパーティションのバックアップはとっておきました。

で、インストールしなおしたら今までと同じ手順をたどってひとまず完了。
LDAPやらsambaによる認証まわりはまたこれから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>