ドメインUの時刻が9時間未来へいっている件

Xenで準仮想化してサーバがようやく稼働再開したわけだけども、時刻がおかしいことにきがついた。
今18:08。
それにたいしてサーバ。

# date
2009年  6月  8日 月曜日 03:08:00 JST

ドメインUの時刻はドメイン0が提供する。
で、ドメイン0の時刻は正しい。
UTCとJSTの差は9時間。

あ、はい。
把握。

# vi /etc/default/rcS

UTC=yes

UTC=no
に変更

# /etc/init.d/rcS restart

ダメだな。
なおらない。
じゃあ、サーバ側を変えてみる。
UTC=noになっていたのでyesに。
当然未来になった。
んーと。
じゃあそもそもサーバが提供してる時間がまずいのかな。
とりあえずntpで時刻をあわせようとしたら、入ってなかった。
そいやドメイン0はxenとssh以外はベースシステムしかいれてない。
ので、入れる。

# date
2009年  6月  7日 日曜日 18:17:09 JST

正しくなった。
が、Xenがおかしい。
時刻が行ったり来たりしてたせいだなきっと。
再起動したら直った。
ドメインUもばっちり。

結論
Xenのドメイン0はUTCで時刻設定しましょう。
時刻設定をするときはドメインUを停止してxendも止めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>