LVMでスナップショットバックアップ

LVMでSnapShotをとってバックアップを行う。
ようやく本命。

とりあえず、最終的に書いたスクリプト。

#/bin/sh

#xm pause win
#lvcreate -s -n snap -L 20G /dev/MS-09/win
#xm unpause win
#mount -t ntfs-fuse /dev/MS-09/snap /mnt/snap
#rsync -a –delete /mnt/snap/ /backup/win
#umount /mnt/snap
#lvremove -f /dev/MS-09/snap

xm pause debian
lvcreate -s -n snap -L 20G /dev/MS-09/debian
xm unpause debian
mount -t ext3 /dev/MS-09/snap /mnt/snap
rsync -a –delete –exclude ‘proc/’ –exclude ‘sys/’ /mnt/snap/ /backup/debian/
umount /mnt/snap
lvremove -f /dev/MS-09/snap

lvcreate -s -n snap -L 20G /dev/MS-09/ms09
mount -t ext3 /dev/MS-09/snap /mnt/snap
rsync -a –delete –exclude ‘proc/’ –exclude ‘sys/’ /mnt/snap/ /backup/ms09/
umount /mnt/snap
lvremove -f /dev/MS-09/snap

NTFSはあれなんです。
なんかマウントうまくいかないんです。
LVMのスナップショットがNTFSに対応していないのかどうなのかまではまだ未検証。
でもまあ、難しそうな気はする。

で、やってることの流れ。

  1. Xenのドメインを一時停止する
  2. LVMでSSをとる
  3. Xenのドメインを再開する
  4. LVMでとったSSをマウントする
  5. rsyncでバックアップを取る
  6. SSをアンマウント
  7. SSを削除

とまあこういう感じ。

動作確認もとれたので、これをcron.dailyに登録すればOK。

さて、大きいところがようやく完了。
次にやることは。
hostsの情報をLDAPで共有かなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>