スロット基礎講座 リール編

スロットのリールは基本、1リール21コマで構成される。
リールは一周0.83秒で回転する。
リールは停止ボタンを押してから、最大4コマまで滑る。

リール配列は順押し・はさみうちを前提に考えられていることが多く、変則うち(中リールや右リールを最初に止めるうち方)をすると、メイン子役を取りこぼすケースもありえる。
メーカー発表のリーチ目も順押し・はさみうち限定の但し書きが書いてあることが多い。

多くの機種の子役構成は、左リールのみで入賞が確定するチェリー、順押しやはさみうちでは取りこぼしの生じないベル、各リールを目押ししなければ取りこぼすスイカといった構成をとることが多い。

とまあ、これらを踏まえて例として新世紀エヴァンゲリオン~約束のとき~のリール配列を眺めてみよう。

reel

子役構成は以下のとおり(一部省略)

ベル・ベル・ベル — ベル
-・-・チェリー — チェリー
スイカ・スイカ・スイカ — スイカ
スイカ・スイカ・黒 — 強スイカ
リプレイ・リプレイ・リプレイ — リプレイ
スイカ・リプレイ・リプレイ — 暴走リプレイ
チェリー・リプレイ・リプレイ — 覚醒リプレイ
ベル・青7・青7 — 1枚役

メイン子役はベルで、各リールでのベルの間隔を見ると、最大で5コマ離れである。
先に述べたとおり、リールは最大停止ボタンを押してから最大4コマ滑るため、取りこぼしは生じない。
次にチェリーだが、この機種では右リールにチェリーが停止することで入賞となる。
左リールのチェリーは基本的に飾りである。
ということで、チェリーは目押しの必要性がある。
ただし、順押し・はさみうちの場合は、左リールにチェリーがない場合は、ボーナス成立していない限り右リールにチェリーが停止しない。
そのため、チェリーが成立しているかどうかは、左リールを押した時点で、チェリーが左リールに出現するかどうかでわかる。
なお、左リールのチェリーの間隔はすべて7コマである。
停止位置から最大4コマすべるため、チェリー成立時は順押し時には左リールにチェリーが出現するようになっている。
7コマだから足りないんじゃ?と思うかもしれないが、たとえば、左リール567を押したとしよう。
4のチェリーが枠下で、次のチェリーまで最大に遠い位置だ。
そこから4コマ滑ると9,10,11まですべる。
11はチェリーだ。
つまりはそういうこと。
そしてスイカ。
これも左リールはチェリーと同じで、7コマ間隔である。
そのため、同じ理由から左リールを停止した時点でスイカが存在しなければ、スイカは成立していないということになる。

そして個人的推奨の逆はさみうち。
これはリール配列が発表されたときから妄想していた打ち方で、そのとおりの制御なら逆はさみうちだと楽だなーと思っていたのだが、実際そのとおりだった。
最近はホールでも同じ打ち方をしている人をチョコチョコ見かける。
で、具体的には、まず、右リールを11番チェリー狙い。
チェリーが入賞したら、左右はオヤジ打ち。
リプ・スイカ・ベル出現時はボーナスorはずれor1枚役取りこぼしorリプレイor暴走リプレイor覚醒リプレイなので左右オヤジ打ち。
暴走リプレイはスイカ・リプレイ・リプレイ、覚醒リプレイはチェリー・リプレイ・リプレイであるため、左⇒右は厳守。
なぜなら、右、中と押すと、テンパイラインが1段に限定される。
実際はリール制御から上段にテンパイ。
このとき、もし暴走or覚醒リプレイが成立していた場合、上段にスイカおよびチェリーを狙わなければならない。
最大すべりコマ数が4コマであることから、両方をフォローするためには、左リールをテンパイラインにスイカまたはスイカの下のリプレイの二コマ目押しするか、チェリーをビタ押ししなければならない。
それに対し、右リール停止時点ではテンパイラインは限定されていないため、左リールをオヤジ打ちしても、4コマの引き込み範囲でフォローされるため問題がない。
そしてベル、またはスイカの場合は、右リールにスイカ・ベル・黒絵柄が停止する。
左リールをオヤジ打ちして、ベル単独テンパイであればベル確定なので、中リールオヤジ打ちで獲得。
スイカ単独テンパイであればスイカ確定なので、中リールにスイカを狙う。
ダブルテンパイの場合はスイカを狙えばどちらかが入賞する。
実際には演出からどっちが成立してるかは大体わかる。

ついでにおまけ要素だが、右リール11番チェリーを中・下段に目押ししている場合、右リールが青7・リプレイ・スイカまで滑ってきた場合、強スイカ(1枚役と同時成立のスイカ)または青7と同時成立のスイカまたは1枚役または単独青7の激熱目。
さらには、右リール11番チェリーを下段にビタ押ししている場合、右リールベル・青7・リプレイが出現すると、ベル重複の青7確定の激レア目となる。

ここまで言ってることが全部理解できたなら、リール制御に関しては理解できたとみていいだろう。
理解できなかったらがんばって読み直すなり質問するなりしてくだしあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>