nVidia謹製ドライバを入れてみた

このマシンのグラフィックカードはGeforce 8800GTなんだけども、なぜかスクリーンセーバーごときでかくつく。
これはきっとドライバの問題だろう、ということで、nVidiaのドライバをちゃんといれようじゃないかと思った。
で、nvidiaの公式にいってドライバを落とそうとしたのだが、まずここで微妙な罠が。
なぜかファイルのダウンロードになるはずのところが、ファイルの中身がブラウザに直接表示されるっていう。
中止を連打して、よくわからない中国語っぽくなってるリンクを右クリックして対象を保存する。
で、インストールしようとしたけど怒られる。
Xが起動していちゃいけないらしい。
ctrl+alt+backspaceでXが落ちないんですけど。。。
とりあえず再起動してシングルユーザモードで起動。

# sh NVIDIA-Linux-x86_64-185.18.31-pkg2.run

それでも怒られるのはなんぼかパッケージが足りないからだった。
binutils, カーネルのバージョンにあったlinux-headers, gccをいれたら通った。
明らかに描画が当社比10倍以上。
どんだけ違うんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>