LinuxでPT2

Linux向けのPT1ドライバがPT2に対応したようなので使ってみる。

とりあえずうちの環境はこんなかんじ。
若干おかしいがまあ大体が掴めればいいだろう。

-Computer-
Processor        : 8x Intel(R) Core(TM) i7 CPU         920  @ 2.67GHz
Memory        : 6128MB (888MB used)
Operating System        : Debian GNU/Linux squeeze/sid
User Name        : ぽげらー ()
Date/Time        : 2009年11月24日 00時23分07秒
-Display-
Resolution        : 1366x768 pixels
OpenGL Renderer        : Software Rasterizer
X11 Vendor        : The X.Org Foundation
-Multimedia-
Audio Adapter        : USB-Audio - USB Audio
Audio Adapter        : HDA-Intel - HDA Intel
-Input Devices-
 Macintosh mouse button emulation
 Logitech G9 Laser Mouse
 Logitech G9 Laser Mouse
 Topre Corporation RealForce Compact
 PC Speaker
 Power Button
 Power Button
 Microsoft X-Box 360 pad
 HDA Digital PCBeep
-Printers-
No printers found

カーネルは2.6.31-1-amd64。
カードリーダはSCR3310-NTTCOM。

必要なもの

  • Linux向けPT1/PT2ドライバソースコード
  • カードリーダのドライバ。debianでscr3310の場合はlibccid。
  • カーネルのヘッダ
  • gcc
  • libpcsclite-dev
  • カードの認識チェックしたいならpcsc-toolsいれてpcsc_scanでもやってみるよろし

ということで必要なパッケージはインストールしておく。
ドライバを拾ってきて解凍。
その後ドライバをコンパイルしてインストール。

$ wget http://hg.honeyplanet.jp/pt1/archive/tip.zip
$ unzip tip.zip
$ cd pt1-c44e16dbb0e2/driver/
$ make
$ sudo make install

/lib/modules/2.6.31-1-amd64/kernel/drivers/video/にpt1_drv.koがあればインストールできているので、マシンを再起動。

再起動したら、lspci -v | grep pt1でヒットすればOK。

$ lspci -v | grep pt
00:13.0 PIC: Intel Corporation 5520/5500/X58 I/O Hub I/OxAPIC Interrupt Controller (rev 12) (prog-if 20 [IO(X)-APIC])
 Kernel driver in use: pt1-pci

次に視聴/録画ツールをコンパイルしてインストール。

$ cd pt1-c44e16dbb0e2/arib25/
$ make
$ sudo make install
$ cd ../recpt1
$ make
$ sudo make install

/usr/local/binにb25とrecpt1があればOK。

$ recpt1 –b25 –strip 30 3600 hoge.ts

とかやれば録画できる。
詳しくはrecpt1 –help。
視聴との連携は思案中。
–udpつかってローカルホストに垂れ流して、そこにストリーミング接続する流れになるんだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>