Medibuntuの利用

Medibuntuとは、簡単に言えばライセンスやら法的な問題やらでUbuntu公式には含まれないマルチメディア系パッケージを配布しているリポジトリ。

利用する方法はMedibuntu公式に書いてあるのをそのままコピペ。

sudo wget http://www.medibuntu.org/sources.list.d/$(lsb_release -cs).list –output-document=/etc/apt/sources.list.d/medibuntu.list && sudo apt-get -q update && sudo apt-get –yes -q –allow-unauthenticated install medibuntu-keyring && sudo apt-get -q update

実際のところなにやってるかというと、

http://www.medibuntu.org/sources.list.d/$(lsb_release -cs).list(lsb_release -csはUbuntuのコードネームを表す)

/etc/apt/sources.list.d/medibuntu.list
において、パッケージリストを更新して、medibuntuのGPGキーをキーリングにつっこんで、もっかいパッケージリスト更新。

なもんで、9.10なら、/etc/apt/source.listに
deb http://packages.medibuntu.org/ karmic free non-free
とでも書いて自分でキーリングにGPGキーいれてもいけるわけだけども別にこだわりがなければコピペでいいだろう。

これをやるとskypeをAPTで入れられたり、いろいろなcodecをAPTで入れられるようになったりする。

デスクトップ用途だとDebianよりよさそうだな。。。


「Medibuntuの利用」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>