動画のエンコード

エンコードにあたってはやっぱりAviUtlでしょう。
ということで解説。
ターゲットとしては、手元にある適当な動画(キャプチャしたavi含む)を、WMV, MP4, FLVにエンコードしたい人向けです。
できるようになることは、いろんな動画形式のファイルをWMV, MP4, FLV形式にエンコードです。

とりあえず、AviUtlくんは単体ではたいした機能を持ちません。
いろいろなプラグインを突っ込むことで多彩な機能をもちます。
ということで、用意するもの。

起動して簡単な初期設定を。
ファイル→環境設定→システム設定を開いて、最大画像サイズやらを適当にいじります。
SSE, SSE2は使用した方が早くなるけれども一部のプラグインで問題がでるようなので、もし問題がでたらチェックをはずす。
あとは適当に。

WS000005

で、いったん終了。

リストにあるやつを片っ端からダウンロードして、まずVC++の再頒布パッケージ、.NET FRAMEWORKおよび日本語言語パック、ffdshowをインストール。(Windows7の人はVC++のみ)
Nero AAC Codecを展開して、AviUtlのフォルダにneroAacEnc.exeを放り込む。
AviUtlのフォルダにpluginフォルダを作成して、そこにプラグインをぼこぼこつっこむ。

これでとりあえず、もうエンコード環境のできあがり。
エンコードするときは、対象ファイルをファイル→開くで開いて、音声を差し替えたい場合はさらにファイル→音声読み込みで読み込み。
フィルタの設定などをしてから、AVI出力する場合はファイル→AVI出力。
WMVはファイル→プラグイン出力→WMV出力、h.264の場合は拡張x264出力。
出力時のエンコードの設定は、出力フォーマットを選択してでる画面から、ビデオ圧縮を選択して、設定する。

WS000006

h.264での設定画面はこんなかんじ。

WS000007

この辺の話はまた今度するとして、とりあえずこれでキャプチャからエンコードまではできるようになりましたと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>