VMWare PlayerのOS別3D性能比較

誤解されないように最初に書いておくと、ゲストOSの比較。
単純に3DMark06で比較しただけだがまあキニシナイ。

で、条件。
ホストは以下のようなスペック

CPU: Core i7 920
メモリ:どっかのDDR3 2G*3 1333 トリプルチャネル
グラボ:GTX 295
OS: Windows 7 Ultimate 64bit

まあ関係しそうなのはこの辺か。

で、ゲストは以下のOSを比較

Windows XP Professional 32bit
Windows XP Professional 64bit
Windows 7 Ultimate 32bit
Windows 7 Ultimate 64bit

OS以外の条件は以下の通り

CPU: Core i7 920 2コア割り当て
メモリ: 2G
仮想化エンジン:Intel VT-x/EPT または AMD-V/RVI
画面サイズ:1280*1024
備考:DirectXはすべて最新にして、Windows Updateで重要な更新を全部当てた状態
使用ベンチマーク: 3DMark06

んで、結果

Windows XP 32bit 2675
Windows XP 64bit 4846
Windows 7 32bit 7211
Windows 7 64bit 7280

XPの32bit惨敗でござる。
7の32bitと64bitはまあ誤差みたいなもんだからいいとして、XPの方は明らかな差が。
まあ、XPはサービスパックも32bitの方はSP3まであるが64bitの方はSP2まででなにげに2003 Serverと同じサービスパックだからたぶんアーキテクチャ的にも違うんだろう。
でもサーバ用途なはずな64bitの方が3Dパフォーマンスがでるっていうのも皮肉というかなんというか。
んでまあ、ついでに、XPは描画もなんかおかしくなった。
32bit, 64bit共通で。
なんというか、説明するよりみてもらう方がはやい。

これXP

んで、こっち7。

とりあえずVMWare PlayerのDirectX周りはWindows 7の方がいけてるっぽい。
でもまあハードウェアとかその辺の関係もあるやもしれない。
仮想マシンで3Dグラフィック考えている人は何も考えずにXP 32bit定説とか思わずにほかのゲストOSも検討した方がよさげだ。

ぷちIYH

なんか最近ほしいんだけど何がほしいのかわからないということで、りこに相談してみた。
で、ディスプレイという話が出た。
確かにうちのディスプレイは19インチであり、1366*768という微妙な表示領域であり、常々ディスプレイ狭いと思っていた。
ゲームを複数起動するともう目も当てられない状態でもあり、そうでなくても普通の作業領域でも不足感を感じていた。

で、今までディスプレイはブラウン管信者であったため、最近は液晶しかうってないから適当に安いものを選んでは買っていたのだが、今回はちゃんと選ぼうかなというのもあり、りこにTNパネルやらVA、IPSなんてものがあるんだぜ、ってところからレクチャーを受け、そんでもってすすめられたのが三菱のRDT231WM-Xなるもの。
調べてみるとなかなか良さそうであったが、値段が40K強。
個人的には30K未満がいいなーと勝手な予算組みをしていたので、なんかほかにないか調べてみると、低価格IPSパネルものとして有名っぽいのとしてDELLのU2410HYUNDAIのW241DGを発見。
個人的には別にマルチインプットである必要とかないのだが、スペックを眺めているうちに、フルHDだと1920*1080と横長すぎな感じが何となくしてきて、1920*1200のWUXG解像度がほしい気がしてきた。
あとは画質と値段の話になってくるんだが、実際のところIPSだのなんだのといっても実際にみたことがないので、そこまで画質が変わるのかっていうのがあった。
それならTNで30Kで27インチ買っちゃうってのも手じゃね?とか考えて、いくつか調べた。
で、とりあえず店頭で眺めてきめようということで後日横浜のソフマップへ。
液晶ディスプレイがずらずら並んでいるところを上から順に見ていく。
んー、やっぱなんか液晶って画質微妙よねー、とか思っていた。
が、一つだけ違和感を感じるものがあった。
シャープで発色がしっかりしている。
それがRDT231WM-X。
IPSパネルでござった。
そしてそのほかは全部TN。
そうなるともうIPSパネルを選ばざるを得ない。
で、RDT231WM-Xをじっくり眺めてみたんだけども、自分にはどうもシャープすぎるように感じた。
IPSについて調べているとギラツブという言葉が出ていてなんのことかわからなかったが、RDT231WM-Xをみて理解できた。
もうちっと丸い方が自分としては好みだということで、U2410かW241DGのどっちかにしようと思って店を出た。
で、U2410とW241DGの画像比較なんかもぐぐったらでてきたんだけども、それによるとぱっとみU2410の方が高画質に見える。
が、よくみると画質の調整が甘いだけにみえた。
という自分の感覚を信じることにして値段的兼ね合いからW241DGを選択することにした。

そして次はサウンドカード。
今使っているカードがだんだん挙動が怪しくなってきて左右バランスが謎なことになってきた。
気持ち悪いので何とかしたい。
でこれまたりこに相談すると、まあサウンドブラスターではないだろうと。
Xonarあたりかなーと言われ、これまた調べてみた。
口コミやら4亀のレビューやらいろいろ眺めているうちに、一つ気になるサウンドカードにたどり着いた。
ONKYOのSE-200PCI LTD
なんかやったらと評判がいい。
気味が悪いくらいにいい。
ということで乗せられることにしてみた。
PHILIPSのAcoustic Edgeも気になったのだが、ドライバがXPまでしかないので気にするだけにした。

さて、机の上を片付けなければ。。。

ふと思った

雨降るじゃん。
あれって走った方がぬれないのか歩いた方がぬれないのかっていうね。
で、考えた。

たぶん基本的には走った方がぬれない。

で、この話をするにはぬれるぬれないの定義が少々ややこしいので分けて書く。
雨が体に当たる総量は、走った方が少ない。
単位時間あたりに体にあたる雨の量は、走った方が多い。
単位時間にうける雨の量は、簡単なイメージをするには、次の二つを比較してもらえば直感的にわかるはず。

雨の中車が止まってます。
雨の中車が全力でアクセル踏んでます。

絶対アクセル踏んでる方がぬれるってのは雨の日に車に乗ったことがある人ならわかるはず。

で、ぬれる総量に関してだけども、たぶん
(走って移動するのにかかった時間-歩いて移動するのにかかった時間)*上から見たその人の面積
の分だけ多くぬれる。
アタマの上に風呂桶のっけてたまった分の違いだと思えばいい。
ぐぐると歩いても走っても同じっていうのが出てくるのは、この風呂桶を考慮しない近似で計算してるからだ。
人を近似的に奥行きのない四方型として考えると、受ける雨の量は移動距離*四方型の面積(*雨の密度)で近似できる。
すると、受ける雨の量に影響されるのは移動距離のみであり、移動時間は関係ないということになり、従って走っても歩いてもぬれる量は変わらないということになる。
が、実際のところは人は奥行きも持っているので、頭の上で受ける雨の量も関係してくる。
これは単位時間によって影響されるので、従ってその分だけ走った方がぬれないってことになる。

たぶん。

んで、今更ながら、「基本的に」って書いたのはこのお話、雨粒の角度について考慮していない。
たとえば時速2キロで歩いたらちょうど相対的に雨粒が人体に大して垂直に落ちてくるようなケースだと、受ける雨粒は頭の上の風呂桶にたまる分だけになるわけだ。
この場合は走った方がぬれちゃう可能性が出てくる。
が、その辺はその人の体型とか雨の密度とか距離とかごちゃごちゃ出てくるんでもう無理げー。