ふと思った

雨降るじゃん。
あれって走った方がぬれないのか歩いた方がぬれないのかっていうね。
で、考えた。

たぶん基本的には走った方がぬれない。

で、この話をするにはぬれるぬれないの定義が少々ややこしいので分けて書く。
雨が体に当たる総量は、走った方が少ない。
単位時間あたりに体にあたる雨の量は、走った方が多い。
単位時間にうける雨の量は、簡単なイメージをするには、次の二つを比較してもらえば直感的にわかるはず。

雨の中車が止まってます。
雨の中車が全力でアクセル踏んでます。

絶対アクセル踏んでる方がぬれるってのは雨の日に車に乗ったことがある人ならわかるはず。

で、ぬれる総量に関してだけども、たぶん
(走って移動するのにかかった時間-歩いて移動するのにかかった時間)*上から見たその人の面積
の分だけ多くぬれる。
アタマの上に風呂桶のっけてたまった分の違いだと思えばいい。
ぐぐると歩いても走っても同じっていうのが出てくるのは、この風呂桶を考慮しない近似で計算してるからだ。
人を近似的に奥行きのない四方型として考えると、受ける雨の量は移動距離*四方型の面積(*雨の密度)で近似できる。
すると、受ける雨の量に影響されるのは移動距離のみであり、移動時間は関係ないということになり、従って走っても歩いてもぬれる量は変わらないということになる。
が、実際のところは人は奥行きも持っているので、頭の上で受ける雨の量も関係してくる。
これは単位時間によって影響されるので、従ってその分だけ走った方がぬれないってことになる。

たぶん。

んで、今更ながら、「基本的に」って書いたのはこのお話、雨粒の角度について考慮していない。
たとえば時速2キロで歩いたらちょうど相対的に雨粒が人体に大して垂直に落ちてくるようなケースだと、受ける雨粒は頭の上の風呂桶にたまる分だけになるわけだ。
この場合は走った方がぬれちゃう可能性が出てくる。
が、その辺はその人の体型とか雨の密度とか距離とかごちゃごちゃ出てくるんでもう無理げー。

「ふと思った」への1件のフィードバック

  1. なんとなくだけど、
    (1)「雨の落下速度&密度&角度は一定と仮定」
    (2)「人の移動速度も一定と仮定」
    (3)「人体を立方体(身長×厚み×幅)で近似」
    (4)「目的地までの距離>>身長or厚み」
    あたりの条件の下でなら、
    速度vが幾つの場合に濡れ量が最小になるか、
    導出できなくもなさそうな気がする。
    頭の中には解法のイメージがあるけど今日はもう夜遅いので
    興味あれば明日作図して送ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>