nVidiaコントロールパネルのマルチGPUパフォーマンスモード

nVidiaのコントロールパネルを開いて3D SettingsのManage 3D Settingsを開くと、グローバルセッティングとアプリケーションプロファイルが表示される。
で、nvidiaの方で登録されていないアプリケーションの場合はプロファイルがないので、自分で追加して設定する。
やりかたはさっきのところからProgram Settingsタブを開いてAddを押して対象アプリケーションのexeを指定してやって、あとは自分で設定することになる。
exe以外はどうも追加できないらしい。
三国無双オンラインの場合、実行ファイルがSSMO.binなもんだから、どうしたものかとおもったところ、SSMO.bin.exeにリネームしてそっちを直にたたいたらちゃんと動いたので、それで追加した。

で、設定していてどうにも気になるところがあった。
それがMulti-GPU performance mode。
GTX295の場合はSingle GPU, Force alternate frame rendering 1, Force alternate frame rendering 2の3個がある。
カードを物理的に2枚さしているような場合はこのほかにSplit Frame Rendering(SFR)あたりがあるんだろう。

シングルGPUはシングル動作なのでまあいいとして、SFRは一つのフレームをたとえば上下に分割して別々に描画するモードらしい。
GTX295の2枚差しとかだと4-way SFRとかで4分割したりするらしい。
描画領域の描画負荷とかも考えて分割するらしく、単純に1:1分割ではない模様。
でもって、AFRの方は、フレームごとに描画するGPUを変えるモードらしい。
まあここまではわかっていた。
が、わからなかったのはAFR1とAFR2の差だ。
で、調べていたところ、たどり着いた。

Split frame rendering
Alternate frame rendering 1
Alternate frame rendering 2*

*Alternate frame rendering 2 is an alternate version of AFR that may provide better performance than AFR 1 on some applications

要するに、AFRのバージョン違いでものによっては2の方がいいよっていうことだそうだ。
とりあえず特に理由がなければAFR1でよろしかろう。

2010/04/30追記
と思ったんだけど、ものによっては結構パフォーマンスが変わる。
Single GPUの方がAFR1よりパフォーマンスがでるという現象に遭遇した。
そのケースだとAFR2だとアップ。
アプリによっていろいろ比較してみた方が良さそうだ。
nVidiaの方でアプリケーションプロファイルが用意されているものに関してはそのまま使えばいいんだろうけど。

「nVidiaコントロールパネルのマルチGPUパフォーマンスモード」への2件のフィードバック

  1. はじめまして、初カキコさせてもらいます。

    最近パソコン(Lenovo Y580)を購入しまして三国無双を初めてプレイしようとしましたら、ゆうは。さんのようにグラボ(GeForce GTX 660M)が動作しませんでした。

    グローバル設定なら動作するのですが、できれば個別に動作させたいのでゆうは。さんのブログを見つけた時は目から鱗でした。

    一つ質問があります。
    BINファイルをexeファイルにリネームするという事ですが、リネームした場合その後のアップデート等で誤作動とかはおきないのでしょうか?

    1. すんごい今更な返信になりますが、SSMO.binが更新されたら、そのたびにリネーム作業が必要となります。
      三國無双オンラインはちゃんとクライアントのバージョンチェック行ってるので、古いbinのリネームファイルを使っているとログインで弾かれるのですぐ気づきます。
      そしたら一旦クライアントを終了して、現行のSSMO.bin.exeを一旦削除、最新のSSMO.binをリネームしてやれば、nVidiaのコントロールパネルで設定したアプリケーションプロファイルを反映しつつプレイ出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>