grub4dosを使ったブート構成

なんか昔書いたけどかなり適当だったので、ちゃんと今回は書く。

今回は以下のようなシステムレイアウト。

RAID0のアレイ1 -+- システムで予約済みのパーティション
                +- Windows7のインストールパーティション
                +- データ用パーティション

RAID0のアレイ2 -+- Ubuntu 10.04のインストールパーティション
                +- swap
                +- Debianのインストールパーティション

アレイ1のMBRにbootmgrを、アレイ2のMBRにgrubをインストールしてある。

bootmgrからはWindows7、grub4dosのエントリを作成、grub4dosはアレイ2のMBRにチェインロードするようにし、Linux系OSの起動はアレイ2のgrubから行う。

まず、Windows7を起動。
grub4dosを入手し、展開する。
ディスクの管理から、システムで予約済みの領域をマウントする。
そのパーティションのルートにはbootmgrがあるはず。
環境によってはすでにマウント済みの領域にあるかもしれない。
そこにgrub4dosのgrldr.mbrをコピーする。
menu.lstを同じフォルダに作成。
内容を以下のように記述。

title linux
rootnoverify (hd1)
chainloader (hd1)+1

これでgrub4dosからは二つ目のアレイのMBRにチェーンロードする形になる。
そこからはgrubが呼び出されるのでそっちに任せる。

bootmgrからgrub4dosを呼び出すエントリを作成する。
コマンドプロンプトを管理者権限で起動して、以下を入力。
{ID}はGRUB4DOSエントリのID。

   bcdedit /create /d "GRUB4DOS" /application bootsector
   bcdedit /set {id} device boot
   bcdedit /set {id} path grldr.mbr
   bcdedit /displayorder {id} /addlast

これでbootmgrからgrub4dosを呼び出せる。

「grub4dosを使ったブート構成」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>