Ubuntu 10.04 amd64のインストーラのバグ

32bit版は試してないのでわからないが、64bit版だとインストーラにバグがある。

dmraidを使っているシステムでインストールしようとすると、インストーラでパーティションをきってインストールしようとしたとき、ファイルシステムの作成に失敗してインストールが続行できない。
/dev/mapper以下をみてみると、正しいデバイス名ではなく、末尾にpがついてその後にパーティション番号が振られたデバイスが生まれている。
この状態になったら、一回アレイをとめて再開してやってから、インストール先のパーティションをフォーマットしてやる。
インストーラから抜けて、シェルを起動、sudo suしてから以下のような感じ。

# dmraid -an
# dmraid -ay
# mkfs.ext4 /dev/mapper/isw_xxxxx_yyy1

それからインストーラを起動して、パーティションの設定をするときに、既存のパーティションのデータをそのまま使うようにして進めてやればうまくいく。

あるいは、USBメモリからインストーラを起動している場合なんかは、アップデートしてからインストーラを起動してやるとこのバグは修正されているようだ。
普通に

# aptitude update
# aptitude upgrade

してからインストーラを起動すればいけた。

あと、拡張でgrubのインストール先を選択できるが、実際のところは一番最初に見えるディスクにインストールしてしまう。
これはインストールしない以外の回避方法がみつからなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>