既存のパーティションをミラーリングする方法

すでに運用に入っているパーティションをミラーリングする方法。

一つは、LVMで運用されているならlvconvertで簡単にできる。
普通にext3なんかのパーティションの場合はどうするか。
sda1, sda2がすでに運用に入っていて、sdb1, sdb2をミラーリングディスクとして追加する例を考える。

ここではmdadmを使うことにする。

で、今回の作業の流れ。

  1. ブロックデバイスの作成
  2. 新規追加するディスクを方肺でミラー化
  3. 既存運用のディスクからデータを移行
  4. 既存運用のディスクをRAID1に参加

ということでブロックデバイスの作成。

# mknod /dev/md1 b 9 0
# mknod /dev/md2 b 9 1

sdb1, sdb2はsda1, sda2と同じサイズでパーティションを切る。
パーティションのタイプはsda1, sda2も含めてすべてfd(Linux raid autodetect)にする。
で、新しく追加する方のディスクを方肺でミラー化する。

# mdadm --create /dev/md1 --level=1 --raid-devices=2 missing /dev/sdb1
# mdadm --create /dev/md2 --level=1 --raid-devices=2 missing /dev/sdb2

ミラー化したら、ファイルシステムを作成して、既存運用のディスクからデータを移行する。
この辺は/dev/md1, md2をmkfsしてsda1, sda2からmd1, md2にデータをcpする。

コピーが終わったら、元のディスクもミラーリングに参加させる。

# mdadm --add  /dev/md1 /dev/sda1
# mdadm --add  /dev/md2 /dev/sda2

っていう感じだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>