T-01Cでwifi接続が切れる問題について

Android端末でwifi接続を利用する機会は結構多いと思う。
で、Androidはスリープモードに入ると、wifi接続を切断する仕様になってる。
理由は推測だけど、wifi接続の電力消費が激しいからだと思う。
んで、普通にウェブサイトをまわったりする分には、操作してるときだけwifi接続して、いじってないときは勝手にwifi切ってもらってもかまわないんだけど、時にはスリープモードに入ってもwifi接続を持続してもらいたい場合もある。
たとえば、wifiでローカルネットワークに接続して、ファイル転送を行うような場合。(要するに今回自分がぶちあたったケース)
このケースだと、ファイル転送中にスリープモードに入るとwifi接続が切断されるわけで、ローカルネットワークから切り離されてファイル転送が失敗してしまう。
んだけども、スリープモードに入ってもwifiの接続を持続するようにも設定できる。
本来なら。っていうか、普通のAndroid端末なら。
詳しい話はこちらに書いてあるんだけど、

本来であれば「WiFiのスリープ設定」という設定項目が「ワイヤレス設定>Wi-Fi設定>(MENUボタンから)詳細設定」に存在し、
WiFi接続時に本体がスリープした場合にWiFiを切るか否かをユーザーが設定できるのですが、
その設定がメーカーにより削除されてしまっているため、本体スリープ時にWiFiが強制的に切断されてしまいます。

ということでユーザには設定できないようになっている。

じゃあどうしたらいいのかっていうと、対応方法も同じところに書いてて、

REGPON wifi KeepAlive(マーケットへのリンク)をインストールし、常駐させておくことで、回避することができます。
Wi-Fi切断回避だけが目的であれば、こちらがおすすめです。
  1. AndroidMarketからREGPON wifi KeepAliveをインストールする
  2. アプリを起動し、REGPON wifi KeepAliveにチェックします
  3. REGPON wifi KeepAliveとwifi連動にチェックして常駐させます
  4. インストール直後は手動でサービスを起動する必要があるようですが、その後は連動して起動してくれるようです

とすればいいらしい。

ということでREGPON wifi KeepAliveを入れてみた。
ちょちょいと設定。
んで、 wifi接続してローカルネットワークの共有フォルダにアクセスしてファイル転送してみたところ、スリープモードに入ってもwifi接続が切断されずにうまくいった。
すばらしい。
自分みたいにwifi接続が持続していないと困るっていう人じゃなくても、自宅ではレグポンを充電しながらwifi接続で利用しているっていう人にはおすすめなアプリ。
というのも、wifi接続がスリープで切れるっていうことは、スリープから復帰したときはwifi接続をしなおしに行ってるわけで、その分オーバーヘッドが存在するから。
スリープからの復帰時の動作が快適になる。
ただし、携帯を充電しながら使っているわけじゃない人には、wifi接続を持続させておかなければならない特別な理由が無い限り、お勧めできない。
昔Android端末で、どのプロセスが電力消費量が大きいのか眺めたことがあるけど、wifi接続はかなり大きな割合を占めていたから。(確かスリープ時切断の設定で20%くらい)
ということで、使いどころをわきまえればとてもGJなアプリだと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>