LVMでのミラーリング再構築

LVMでのミラーリング状況を確認してみたらおかしなことが起きていることに気づいた。

# lvs -a -o +devices
  LV                VG     Attr   LSize   Origin Snap%  Move Log         Copy%  Convert Devices
  debian            ms09   mwi-ao 512.00g                    debian_mlog 100.00         debian_mimage_0(0),debian_mimage_1(0)
  [debian_mimage_0] ms09   iwi-ao 512.00g                                               /dev/sda2(8704)
  [debian_mimage_1] ms09   iwi-ao 512.00g                                               /dev/sda2(148992)
  [debian_mlog]     ms09   lwa-ao   4.00m                                               /dev/sdb2(1)
  ms09              ms09   mwi-ao  32.00g                                100.00         ms09_mimage_0(0),ms09_mimage_1(0)
  [ms09_mimage_0]   ms09   iwi-ao  32.00g                                               /dev/sda2(0)
  [ms09_mimage_1]   ms09   iwi-ao  32.00g                                               /dev/sda2(140800)

ミラーイメージが両方sda2で同一物理ディスクに存在する。
どう考えても意味がありません本当にありがとうございます。

とりあえず、ミラーリングを解除するのは lvconvert で -m0 すればいいだけなようだ。

# lvconvert -m0 –alloc anywhere /dev/ms09/ms09
# lvconvert -m0 –alloc anywhere /dev/ms09/debian

これでミラーリングは解除できた。
たぶん –alloc anywhere はいらない。
んで。
とりあえず、もっかいミラーリングしてみようかということで、試しにミラーリングしてみる。

# lvconvert -m1 –alloc anywhere /dev/ms09/ms09
# lvs -a -o +devices
  LV              VG     Attr   LSize   Origin Snap%  Move Log       Copy%  Convert Devices
  ms09            ms09   mwi-ao  32.00g                    ms09_mlog 100.00         ms09_mimage_0(0),ms09_mimage_1(0)
  [ms09_mimage_0] ms09   iwi-ao  32.00g                                             /dev/sda2(0)
  [ms09_mimage_1] ms09   iwi-ao  32.00g                                             /dev/sda2(311296)
  [ms09_mlog]     ms09   lwa-ao   4.00m                                             /dev/sda2(140800)

なめっく。
ミラーイメージがなんで両方ともsda2にあるんだ。
ミラーする先のディスクの指定方法はないのかということで調べてみる。
あった。
ということでまたミラー解除してミラーしなおすことに。

# lvconvert -m0 --alloc anywhere /dev/ms09/ms09
# lvs -a -o +devices
  LV         VG     Attr   LSize   Origin Snap%  Move Log Copy%  Convert Devices
  ms09       ms09   -wi-ao  32.00g                                       /dev/sda2(0)

VG ms09はPV /dev/sda2と/dev/sdb2で構成されているので、ミラーイメージはsda2とsdb2の両方に置きたい。
元々がsda2にあるので、新規ミラーイメージの作成先を指定。
指定って言っても最後にPVを指定するだけだった。

# lvconvert -m1 --alloc anywhere /dev/ms09/ms09 /dev/sdb2
# lvs -a -o +devices
  LV              VG     Attr   LSize   Origin Snap%  Move Log       Copy%  Convert Devices
  ms09            ms09   mwi-ao  32.00g                    ms09_mlog 100.00         ms09_mimage_0(0),ms09_mimage_1(0)
  [ms09_mimage_0] ms09   iwi-ao  32.00g                                             /dev/sda2(0)
  [ms09_mimage_1] ms09   iwi-ao  32.00g                                             /dev/sdb2(0)
  [ms09_mlog]     ms09   lwa-ao   4.00m                                             /dev/sdb2(8192)

ようやく意図通り別の物理ディスクにミラーイメージを作成することができた。
同じ要領でミラーリングしておきたいパーティションをミラーリングして、と。

にしても未だにミラーログが何のための存在なのかわかってない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>