LVMでのfstab記述メモ

最近はfstabに記述するデバイスをUUIDで記述することが主流になっている。ような気がする。
UUIDで記述すればデバイスの順序が入れ替わったりしても問題ないからだ。
が、LVMではスナップショットを利用する際やミラーリングを行っていたりしていると、UUIDが重複するファイルシステムが複数現れたりする。
ので、従来通りデバイスのパスを記述する方が無難だと思う。
それだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>