LVMで割り当てたPVを縮小させたい

2TのHDDのPVを縮小させたい。
ということでメモ。

まずは論理ボリュームの縮小。
論理ボリュームを縮小するときは、ファイルシステムを縮小してから論理ボリュームを縮小する。(拡大するときは逆)

縮小させたい論理ボリュームを縮小。
e2fsck -fyv /dev/ms09/file
resize2fs /dev/ms09/file 16G
lvresize -L 16G /dev/ms09/file
警告でるのでちゃんとサイズがあってるか確認して実行
resize2fs /dev/ms09/file
サイズがあってるか確認

ほかも同じ感じで論理ボリュームの縮小を行う。
システムのルートパーティションの場合はレスキューCDからブートしてやりましょう。

で、PVの縮小。
pvresize –setphysicalvolumesize 500G /dev/sda1
このとき、切り詰めた物理ボリュームの終端よりあとに論理ボリュームっていうかPEがあったりする場合、失敗する。
自動で再配置なんて気の利いたことはしてくれない。
なので、そういう場合は一旦論理ボリュームのバックアップをとって削除してから行うとか、pvmoveで別の物理ボリュームにデータを移してから行わなければならない。

PVが縮小できたらパーティションをPVにあわせて切り直す。
fdiskだと単位がシリンダとかで計算がいやだったのでcfdiskでやった。

パーティション切り直したら再起動して終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>