mdadmでRAID ARRAYのホームホストや名前を変える

レスキューディスクでアレイを作ったらホームホストがそのときのレスキューのホスト名になっちゃってて、ようするにdebianになっちゃってたんで、なんとかしたいと思ったわけですはい。

アレイを組み立てるっていうかassembleするときに–update=で指定できるようで。
でもシステム領域含まれてるんでまたレスキュー使わないといけないんですね、はい。

ということでレスキューに潜り込んで、ホスト名を目的のものにちゃんと設定します。
じゃなかったらassembleの時にオプションで–homehost=で指定します。

# mdadm -A /dev/md1 /dev/sd[ab]1 --update=homehost

ホスト名ちゃんとしたの指定してなかったら

# mdadm -A /dev/md1 /dev/sd[ab]1 --homehost=hogehoge --update=homehost

みたいな感じ。
アレイがすでに起動してたら一回停止してからやりましょう。
アレイのメタデータのバージョンが1系ならmdadm -Dで出てきます。

Name : hogehoge:2  (local to host hogehoge)

のところ。
homehostと今のホストが正しければlocal to host hogehogeのところが出てきます。
mdadm -Dsでかぶってる名前のやついたら一回アレイをとめて

# mdadm -A /dev/md1 /dev/sd[ab]1 --update=name

とかしましょう。
解消されるはずです。

ちなみにmd1とかmd2とかのデバイス名を変えたい場合も同じ感じで、アレイが動いていれば停止して、アセンブルしてやって名前更新かけてやればいいです。

できあがったらシステムをルートにしてシェルを実行して、mdadm -Ds>>/etc/mdadm/mdadm.confたたいて今までのアレイ情報はコメントアウトしましょう。
念のためupdate-initramfs -uk allたたいておいた方が良いかもしれません。
特にデバイス名を変更した場合は必須だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>