mdadmで構築したRAID5のチャンクサイズを変更してみた

やり方は簡単で

# mdadm -G -c512 --backup-file=/path/to/backup /dev/mdX

これでチャンクサイズが512kbになる。
ストライピング(RAID0)でも同じだろう。

ところで、5台構成(うち一台欠落中)のRAID5でやるとえらい遅いんだが。。。
renice -20 -p xxx
とかやって優先度かえても遅い。

# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid1] [raid6] [raid5] [raid4]
md3 : active raid5 sda3[0] sde1[4] sdd1[2] sdb3[1]
      5857284096 blocks super 1.2 level 5, 1024k chunk, algorithm 2 [5/4] [UUU_U]
      [>....................]  reshape =  0.2% (4300800/1464321024) finish=6868.2min speed=3542K/sec

3.5Mしかでてないっすよ。。。
5日ほどかかるようで。。。

reshape中にマシン停止するとどうなるのかは怖くて試せない。

しらべてみると、reshape中に再起動とかさせても平気らしいです。
こちらで実験してました。
いやー、mdadmよくできてる。

「mdadmで構築したRAID5のチャンクサイズを変更してみた」への2件のフィードバック

    1. # hdparm -t /dev/sd[abcde]

      /dev/sda:
      Timing buffered disk reads: 154 MB in 3.20 seconds = 48.19 MB/sec

      /dev/sdb:
      Timing buffered disk reads: 174 MB in 3.15 seconds = 55.23 MB/sec

      /dev/sdc:
      Timing buffered disk reads: 278 MB in 3.01 seconds = 92.49 MB/sec

      /dev/sdd:
      Timing buffered disk reads: 240 MB in 3.02 seconds = 79.47 MB/sec

      /dev/sde:
      Timing buffered disk reads: 244 MB in 3.01 seconds = 81.05 MB/sec

      sdc,sdd,sdeがWDのHDD。
      sda, sdb, sdd, sdeがRAID5で再配置中。
      ということでシーケンシャルリードしか見てないけど低速病を発病してるわけではなさそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>