XenカーネルでのNICのカスタマイズ

Xenを使って仮想化しているマシンではネットワークも仮想化される。
そのあたりはこちら参照。

でまあそういうことで、ethtoolなんかでNICの設定をしたい場合は、通常と異なりeth0とかをいじるのではなくて、Dom0でpethをいじるのが正解。
普通はpeth0になってるだろう。

実際にethtoolをたたいてみたら、仮想NICであるethの方はろくに情報が出力されないはずだ。
それに対してpethの方はちゃんと出力されるはず。

# ethtool eth0
Settings for eth0:
        Link detected: yes
# ethtool peth0
Settings for peth0:
        Supported ports: [ TP ]
        Supported link modes:   10baseT/Half 10baseT/Full
                                100baseT/Half 100baseT/Full
                                1000baseT/Full
        Supports auto-negotiation: Yes
        Advertised link modes:  10baseT/Half 10baseT/Full
                                100baseT/Half 100baseT/Full
                                1000baseT/Full
        Advertised pause frame use: No
        Advertised auto-negotiation: Yes
        Speed: 1000Mb/s
        Duplex: Full
        Port: Twisted Pair
        PHYAD: 1
        Transceiver: internal
        Auto-negotiation: on
        MDI-X: off
        Supports Wake-on: pumbg
        Wake-on: g
        Current message level: 0x00000001 (1)
        Link detected: yes

こんな感じ。

ということでXenカーネルでうごかしてるマシンのNICの設定をいじりたい場合は、pethをいじりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>