Core i7 2600Kを今更OCしてみた

そのうちやろうやろうと思っていたんだけどもやっていなかった2600KのOC。
SandyBridgeのOCの基本は倍率変更で行う。
FSBはいじれないと思っていい。
CPU倍率とコアの電圧だけいじればいいので、920のOCより簡単。

ということでまず軽く4GHzにトライ。
倍率を40に変更。
電圧いじらなくても当然のようにブート。
で、以前行ったCore i7 920の時と同じように、低電圧化も図る。
CPUの電圧をさくっと0.1V下げてみる。
ブート。
さすがやで。
とりあえずOCCTたたく。
固まる。
無茶振りだったらしい。
仕方がないので0.05Vにする。
OCCT。
一見いけてる。
が、ふとCPUの温度に目をやる。

99℃

ハイ駄目。
停止。
すいません、CPUクーラーリテール品です、本当にありがとうございます。
とりあえず、4GHz程度ならたぶん電圧を下げながらもOCできるだけの可能性を秘めたCPUだとは思うけど、やっぱりOCするならリテールクーラーじゃ駄目でした。
ちゃんとしたクーラー買いましょう。

仕方がないのでクロックを定格に戻して低電圧化を行うことに。
-0.1Vは余裕でした。
-0.15Vもいけました。
-0.2Vは死にました。
ということでとりあえず-0.15Vに。
もうちょい煮詰めれば限界見えるんだろうけど、まあ今日のところはこの辺にしておいてやる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>