PostfixでOP25B対応@so-net

OP25BはOutbound Port 25 Blockingの略でまあ内容はそのまま25番ポートの外向きの接続をブロックするってやつで、要するに直接SMTPを外部にしゃべるなってやつです。
でまあ、代わりにプロバイダが用意しているMTAにリレーして、代理配送を頼むっていうお話。

今まではrelayhostにmail.au-one.netだかを設定していて問題なかったんだけども、なんか先日突然ブロックされました。
KDDIなんだからええやんと思うわけですが、方針を変えたようです。
ので、プロバイダはso-netなので切り替えようとしたわけですが、so-netではrelayhostを指定するだけではAuthentication requiredが帰ってくる。
SMTP認証を要求されるということでして、その設定も必要に。
ところがプロバイダのメールなんて使ってないし、IDもなんもかんも覚えてない上に、書類を紛失して再発行依頼する羽目に。
書類が届いたところでようやく設定です。

main.cf

relayhost = [mail.so-net.ne.jp]:587

smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/smtpauth
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_mechanism_filter = LOGIN, PLAIN, CRAM-MD5

smtpauth

[mail.so-net.ne.jp]:587 xxxxxx@xxx.so-net.ne.jp:PASSWORD
# chmod 640 smtpauth
# postmap smtpauth

をしてpostfix再起動。

# echo test | mail xxx@example.com

とかやって外部にメール配送できるかチェック。
ダメだったら/var/log/mail.logとかでどこでこけてるか確認して何とか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>