MSIのグラフィックボードのGOP/UEFI VBIOSの入手と書き込み

Windows8でUEFIで高速起動する場合、グラフィックボードのBIOSも対応が要求される。
例えばAsrockのマザーでUltra Fastを選択するには対応しているグラフィックボードである必要がある。(Fastは対応していなくてもいける)

んで、ASUSなんかはGOP対応のVBIOSの配布とか公式でやってるみたいなんだけど、MSIの場合はフォーラムでやりとりされている。
注意書きはこちらに。

詳細はリンク先を読んでもらうとして、ざっくりと説明すると、UEFI/GOP対応のBIOSほしいよってスレ立てて、モデルとシリアルナンバー、VBIOSのイメージもしくはnvflash /vの出力をはっつけると誰かが対応のイメージをくれるかもっていう感じ。
スレ立てにはユーザ登録必要。
イメージはgpu-z使うかnvflashで吸い出せる。
対応イメージみつかんねとかないって場合もあるからその場合はMSIに直接問い合わせることになるけど、それでも出てくるかは不確実。

で、対応のVBIOSイメージもらえたらそれをnvflashでグラボに書き込み。

nvflash -4 -5 -6 ****.rom

みたいな感じで。
Radeonは調べてないけど多分似たような流れなんじゃないかな。

ここまででわからないことがある人は手を出さないほうがいい。

au MNPの新基準まとめ

2013/08/09より適用とされるauのMNP転入時の新審査基準についてです。
あくまでも自分が聞いてきた話のまとめで、auとしての公式回答ではないですし、誤解している可能性もあるので、あくまでも参考程度としてください。

  • 名義あたり音声回線数五回線までなのは変わらない
  • 支払い実績がない場合でも、二回線までは利用者登録無しで契約可能
  • 支払い実績二ヶ月以上の回線がなく、三回線目以降を契約するためには、利用者登録をする必要がある
  • 支払い実績二ヶ月以上の回線一回線につき、利用者登録なしで契約可能な回線数が一つ増加
    つまり、五回線を利用者登録なしで契約するためには、支払い実績二ヶ月以上の回線が三回線以上必要

これを言い換えると、直近二回線が共に支払い実績二ヶ月に満たない間は、利用者登録なしでの契約回線の追加ができないということ。
更に言い換えると、MNP同時転入数が二回線までに制限されるということ。
要するに、ドコモの90日ルールみたいな感じっぽいです。
ドコモの場合は90日ルール突破の方法として長期回線提示(語弊あるけど)という方法がありますが、auの場合は利用者登録で突破出来ますよ、という感じかなと。