カテゴリー別アーカイブ: ゲーム

Minecraftをデコンパイルする

なんのためにするかっていうと、まあ、ソース調査したいときありますよね。
主にMOD作ったりPlugin作ったりするときに。
そのためにMinecraftのjarからクラスファイルを引っ張り出してデコンパイルしてソースに戻します。
俗に言うリバースエンジニアリングってやつ。
ということで、そのやり方。

Minecraft Coder Packを使う。
普通のJava DecompilerのJD-Eclipseとかだとなんかうまくいかんのよね。
なんかパック的なことでもやってるんかもね。

まず、JDKを入れる。
JREじゃなくてJDKね。
必要ならPATHを通す。
C:Program FilesJavajdk1.6.0_24bin;C:Program FilesJavajre6bin
このあたりを。
でも、なんかWindows7 x64だとPATHの設定しなくてもjavaとかはじけるので設定しないでよかった。

で、MCPをDLしたら、適当なフォルダに解凍して設置。

んで、肝心の対象をMCPのjarsフォルダに入れる。
サーバのjarは公式から落とす。
minecraft_server.jarってやつね。
クライアント側のは
%APPDATA%.minecraft
にある

bin
resources

フォルダをコピペする。

以上で準備は完了。

あとはMCPのdecompile.batをたたけば、src以下にserverおよびclientのソースファイルが展開される。

ちなみに、展開されたソースをEclipseで扱いたい場合の簡単な方法は、EclipseのワークスペースにMCPのEclipseフォルダを指定すればいい。
するとServerとClientのJavaプロジェクトができあがってる。
普通に新規プロジェクトウィザードで外部ソース指定でももちろんいい。

Minecraftサーバの導入

例のごとくWindowsではなくてLinuxの話です。
まあ管理ツールの使い方なんかはWindowsでも参考になるかもしれない。

導入環境は以下の感じ

OS: Debian GNU/Linux sid
kernel: 3.2.0-1-amd64
CPU: Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU E6850  @ 3.00GHz
memory: 4GB
jre: sun-java6-jre 6.26-3

なお、このマシンはxenで仮想化した64bitゲストOSだけど普通にいけた。

ということで、まずインストール先ディレクトリを決める。
今回は /usr/local/minecraft をインストール先ディレクトリにした。

ということでサーバ本体をダウンロードしてそこに配置。
この辺においてある。
exeじゃなくてjarを拾ってこよね。

で、これでjre入ってればサーバ起動できるんだけど、色々とそれだと制御に難があるので、シェルスクリプトを導入する。
screenコマンドを使っているので、もし入ってなかったら入れること。
元はhttp://www.minecraftwiki.net/wiki/Server_startup_scriptのものなんだけど、ちょっと問題点を修正してあるのが以下。
-Djava.net.preferIPv4Stack=trueを入れていないとIPv6でバインドされて接続できなかった。

#!/bin/bash
# /etc/init.d/minecraft
# version 0.3.6 2011-10-17 (YYYY-MM-DD)
 
### BEGIN INIT INFO
# Provides:   minecraft
# Required-Start: $local_fs $remote_fs
# Required-Stop:  $local_fs $remote_fs
# Should-Start:   $network
# Should-Stop:    $network
# Default-Start:  2 3 4 5
# Default-Stop:   0 1 6
# Short-Description:    Minecraft server
# Description:    Starts the minecraft server
### END INIT INFO
 
#Settings
SERVICE='minecraft_server.jar'
OPTIONS='nogui'
USERNAME='minecraft'
WORLD='world'
MCPATH='/usr/local/minecraft'
BACKUPPATH='/usr/local/minecraft/backup'
CPU_COUNT=1
INVOCATION="java -Xmx1024M -Xms1024M -Djava.net.preferIPv4Stack=true -XX:+UseConcMarkSweepGC -XX:+CMSIncrementalPacing -XX:ParallelGCThreads=$CPU_COUNT -XX:+AggressiveOpts -jar $SERVICE $OPTIONS"
 
ME=`whoami`
as_user() {
  if [ $ME == $USERNAME ] ; then
    bash -c "$1"
  else
    su - $USERNAME -c "$1"
  fi
}
 
mc_start() {
  if  pgrep -u $USERNAME -f $SERVICE > /dev/null
  then
    echo "$SERVICE is already running!"
  else
    echo "Starting $SERVICE..."
    cd $MCPATH
    as_user "cd $MCPATH && screen -dmS minecraft $INVOCATION"
    sleep 7
    if pgrep -u $USERNAME -f $SERVICE > /dev/null
    then
      echo "$SERVICE is now running."
    else
      echo "Error! Could not start $SERVICE!"
    fi
  fi
}
 
mc_saveoff() {
  if pgrep -u $USERNAME -f $SERVICE > /dev/null
  then
    echo "$SERVICE is running... suspending saves"
    as_user "screen -p 0 -S minecraft -X eval 'stuff "say SERVER BACKUP STARTING. Server going readonly..."15'"
    as_user "screen -p 0 -S minecraft -X eval 'stuff "save-off"15'"
    as_user "screen -p 0 -S minecraft -X eval 'stuff "save-all"15'"
    sync
    sleep 10
  else
    echo "$SERVICE is not running. Not suspending saves."
  fi
}
 
mc_saveon() {
  if pgrep -u $USERNAME -f $SERVICE > /dev/null
  then
    echo "$SERVICE is running... re-enabling saves"
    as_user "screen -p 0 -S minecraft -X eval 'stuff "save-on"15'"
    as_user "screen -p 0 -S minecraft -X eval 'stuff "say SERVER BACKUP ENDED. Server going read-write..."15'"
  else
    echo "$SERVICE is not running. Not resuming saves."
  fi
}
 
mc_stop() {
  if pgrep -u $USERNAME -f $SERVICE > /dev/null
  then
    echo "Stopping $SERVICE"
    as_user "screen -p 0 -S minecraft -X eval 'stuff "say SERVER SHUTTING DOWN IN 10 SECONDS. Saving map..."15'"
    as_user "screen -p 0 -S minecraft -X eval 'stuff "save-all"15'"
    sleep 10
    as_user "screen -p 0 -S minecraft -X eval 'stuff "stop"15'"
    sleep 7
  else
    echo "$SERVICE was not running."
  fi
  if pgrep -u $USERNAME -f $SERVICE > /dev/null
  then
    echo "Error! $SERVICE could not be stopped."
  else
    echo "$SERVICE is stopped."
  fi
}
 
mc_update() {
  if pgrep -u $USERNAME -f $SERVICE > /dev/null
  then
    echo "$SERVICE is running! Will not start update."
  else
    MC_SERVER_URL=http://s3.amazonaws.com/MinecraftDownload/launcher/minecraft_server.jar?v=`date | sed "s/[^a-zA-Z0-9]/_/g"`
    as_user "cd $MCPATH && wget -q -O $MCPATH/minecraft_server.jar.update $MC_SERVER_URL"
    if [ -f $MCPATH/minecraft_server.jar.update ]
    then
      if `diff $MCPATH/$SERVICE $MCPATH/minecraft_server.jar.update >/dev/null`
      then
        echo "You are already running the latest version of $SERVICE."
      else
        as_user "mv $MCPATH/minecraft_server.jar.update $MCPATH/$SERVICE"
        echo "Minecraft successfully updated."
      fi
    else
      echo "Minecraft update could not be downloaded."
    fi
  fi
}
 
mc_backup() {
   echo "Backing up minecraft world..."
   if [ -d $BACKUPPATH/${WORLD}_`date "+%Y.%m.%d_%H.%M"` ]
   then
     for i in 1 2 3 4 5 6
     do
       if [ -d $BACKUPPATH/${WORLD}_`date "+%Y.%m.%d_%H.%M"`-$i ]
       then
         continue
       else
         as_user "cd $MCPATH && cp -r $WORLD $BACKUPPATH/${WORLD}_`date "+%Y.%m.%d_%H.%M"`-$i"
         break
       fi
     done
   else
     as_user "cd $MCPATH && cp -r $WORLD $BACKUPPATH/${WORLD}_`date "+%Y.%m.%d_%H.%M"`"
     echo "Backed up world"
   fi
   echo "Backing up $SERVICE"
   if [ -f "$BACKUPPATH/minecraft_server_`date "+%Y.%m.%d_%H.%M"`.jar" ]
   then
     for i in 1 2 3 4 5 6
     do
       if [ -f "$BACKUPPATH/minecraft_server_`date "+%Y.%m.%d_%H.%M"`-$i.jar" ]
       then
         continue
       else
         as_user "cd $MCPATH && cp $SERVICE "$BACKUPPATH/minecraft_server_`date "+%Y.%m.%d_%H.%M"`-$i.jar""
         break
       fi
     done
   else
     as_user "cd $MCPATH && cp $SERVICE "$BACKUPPATH/minecraft_server_`date "+%Y.%m.%d_%H.%M"`.jar""
   fi
   echo "Backup complete"
}
 
mc_command() {
  command="$1";
  if pgrep -u $USERNAME -f $SERVICE > /dev/null
  then
    pre_log_len=`wc -l "$MCPATH/server.log" | awk '{print $1}'`
    echo "$SERVICE is running... executing command"
    as_user "screen -p 0 -S minecraft -X eval 'stuff "$command"15'"
    sleep .1 # assumes that the command will run and print to the log file in less than .1 seconds
    # print output
    tail -n $[`wc -l "$MCPATH/server.log" | awk '{print $1}'`-$pre_log_len] "$MCPATH/server.log"
  fi
}
 
#Start-Stop here
case "$1" in
  start)
    mc_start
    ;;
  stop)
    mc_stop
    ;;
  restart)
    mc_stop
    mc_start
    ;;
  update)
    mc_stop
    mc_backup
    mc_update
    mc_start
    ;;
  backup)
    mc_saveoff
    mc_backup
    mc_saveon
    ;;
  status)
    if pgrep -u $USERNAME -f $SERVICE > /dev/null
    then
      echo "$SERVICE is running."
    else
      echo "$SERVICE is not running."
    fi
    ;;
  command)
    if [ $# -gt 1 ]; then
      shift
      mc_command "$*"
    else
      echo "Must specify server command (try 'help'?)"
    fi
    ;;
 
  *)
  echo "Usage: $0 {start|stop|update|backup|status|restart|command "server command"}"
  exit 1
  ;;
esac
 
exit 0

 

minecraft実行用のユーザを作成する。(useradd minecraftで上等)

minecraftインストール先ディレクトリのパーミッションもそのユーザに変えておこう。

#Settingsの部分を自分の環境に合わせて /etc/init.d/minecraft に配置して chmod 755 minecraft。

これで

# /etc/init.d/minecraft start

とか

# /etc/init.d/minecraft restart

とかできるようになる。

できなかったらなんかができてない。

で、あとはサーバ起動/終了時に自動で起動/停止するようにサービス登録。

debian系なら

# update-rc.d minecraft defaults

cronで定期バックアップなんかもできる。

/etc/init.d/minecraft backupを登録すればいい。

このスクリプトを通してサーバコマンドを打つこともできる。

# /etc/init.d/minecraft command list

みたいな。

 

で、あとはServer.propertiesの編集。

デフォルトでかかれている以上のものがあるんで、http://www.minecraftwiki.net/wiki/Server.propertiesを参照した方が良い。

訳してもいいけどわかんないんだったら日本のwikiでも大体乗ってる。

で、一通り設定が終わったら、サーバ管理でスクリプト経由でコマンドをうてるっていっても、いちいち端末起動して接続してsuしてコマンド打ってってやっぱ面倒なので、普段はrcon使いましょ。

あ、普段使ってるデスクトップがLinuxでそのLinuxでminecraftをうごかしているっていうのは例外です。

ということで

enable-rcon=true

rcon-passwordはお任せ。

これはいいって感じではないんだけど、まあとりあえずうごくレベルのは転がってたから、無いよりはきっとましなので一応紹介。

http://www.minecraftforum.net/topic/852452-minecraft-rcon-tool-by-r3b0rn/

http://www.minecraftforum.net/topic/842376-minecraft-server-rconquery-utility/

これいいよ!っていうrconツールあったら教えてほしいです。

あとは各種ポート解放(通常ゲームポート 25565, rconポート 25575)をFirewallおよびルータで実行。

たぶんこんな感じでおっけーなはず。

おつかれさまでございます。

nVidiaコントロールパネルの設定をいじってゲームを快適にしてみるテスト

最近WizardryOnlineってなゲームやってるんですけど、なんか重いんですよね。
いや、別に重いっていってもフレームレートが10とかになっちゃうってわけじゃなくて、こう、ヌルサクじゃない感じ。

うちのCPUとグラボは結局色々あったものの2600KとGTX295に帰ってきてて、でまあWizってべつにちょー重い感じのゲームじゃないんですよね、やってる感じ。
だから設定次第じゃ普通に60FPSでてもおかしくないと思うんだけど、なんかそういう感じがしない。
戦闘中でエフェクトが重いとかっていう時じゃなくて、街中で誰もいないような場所にいてもそんなにFPSが出てる感じがしない。

ということで設定を色々いじって、FPSをとにかくはじき出して、そっから画質も調整という流れにしてみようかと。

まずはなんも設定していない状態で1chの露店街のど真ん中でFPS計測。
おそらくこのゲームで一番重い場所はココだ。

でまあFPSは15-25FPS。
SSモードにして25くらいか。

次に、nVidiaのコントロールパネルで、

3D設定>3D設定の管理>プログラム設定>1.カスタマイズするプログラムを選択する>追加

ということでWizardryOnline.exeを追加。

さて、とりあえず画質は犠牲にしてひたすら軽くしていくか。

  • CUDA – すべて
  • AA トランスペアレンシー – オフ
  • スレッドした最適化 – オン
  • TF クオリティ – ハイパフォーマンス
  • TF トリリニア最適化 – オン
  • TF ネガティブLODバイアス – 許可
  • TF 異方性サンプル最適化 – オン
  • トリプルバッファリング – オン

25-30くらいまで向上。
SSモードで35-40くらい。

で、うちのカードはGTX295なんで内部的にSLIなんで、その辺もいじってみる。
ついでにディスプレイもデュアルディスプレイで運用していて、場合によってはSLI構成を解除して一時的にトリプルディスプレイにしたりもする感じなんで、マルチディスプレイ/ミックス GPU アクセラレーションあたりもいじってみる。

まずマルチGPUレンダリングモードから攻める。

とりあえず現在がNVIDIA推奨設定。
シングルGPUはさすがにないのでとばす。
フレームのレンダリングを強制的に交互にする1 – 25-30FPS
フレームのレンダリングを強制的に交互にする2 – 27-32FPS

GPUの負荷具合みていると、推奨設定およびAFR1ではGPU Bしかほとんど負荷がかかっておらず、AFR2だと双方のGPUに負荷がかかっていることと、微妙にFPSがあがっていることから、今回のケースではAFR2が良さそう。

次にマルチディスプレイ/ミックス GPU アクセラレーション。
マルチ ディスプレイ パフォーマンス モードがデフォルトで設定されているんだけども、その他いくつかあるけど、まあ結論から言うとどれもあんまり変わらなかった。
ので、推奨とされているデフォルトのまんまにしておくことに。

とまあなんかいろいろやってたら、まあ人が多いところ以外はわりと60FPS出る感じになったみたい。
画質も別に気にならないしこんな感じでしばらくやってみよう。

STEINS;GATE 蝶翼のダイバージェンス:Reverse感想

STEINS;GATE 蝶翼のダイバージェンス:Reverse。
2011/07/01に発売されたシュタインズゲート関連の小説です。
厚さはそんなに無くてわりとさっくりと読めます。
以下、そんなにネタバレ含まないと思うけど、微妙に含むんで、どういう内容なのか知りたくない人は読まないでね。

続きを読む STEINS;GATE 蝶翼のダイバージェンス:Reverse感想

Steins;Gateオワタ(ネタバレ)

なぜか我が家に突如として現れたXBox360とシュタインズゲート。
自分で買ったのならともかく、押しつけられるとかえってやらねばならないような感覚を持つ。
そう思いつつもなかなか重い腰を上げようとはしなかった。

のだが、ついに動き出した。

まあわざわざこのゲームをおいていったということは、きっとおもしろいのだろう。
ということでやり始めたのだが、おかりんの厨二病っぷりももちろんなのだがシャイニングフィンガーのメールのうざさにも負けそうになった。
しかし、何とか乗り越えてすすめていった。
その辺の問題さえ乗りきればなんということはなく、普通の読書感覚でとっぷりと浸かっていった。
普通にプレイすれば20時間、ゆっくり読み進めても30時間程度あれば攻略できると下調べしたところ書いてあったのだが、自分の場合には実に50時間以上かかった。
ちなみに自分はTrueとセレセブエンド以外は自力でみて、その後サイトでTrueへの行き方を調べるという流れでプレイした。
ぶっちゃけあんなの自力でTrue&セレセブエンド到達無理げー。
まあそれはともかく楽しめた。
ということで、読書感想文的なものを書いてみようかなと。
いや、違うな、考察だな。
リーディングシュタイナーとはなんぞや、というタイトルにでもなるだろうか。
以下、ネタバレ含むので注意。
しかも長文。

続きを読む Steins;Gateオワタ(ネタバレ)

nVidiaコントロールパネルのマルチGPUパフォーマンスモード

nVidiaのコントロールパネルを開いて3D SettingsのManage 3D Settingsを開くと、グローバルセッティングとアプリケーションプロファイルが表示される。
で、nvidiaの方で登録されていないアプリケーションの場合はプロファイルがないので、自分で追加して設定する。
やりかたはさっきのところからProgram Settingsタブを開いてAddを押して対象アプリケーションのexeを指定してやって、あとは自分で設定することになる。
exe以外はどうも追加できないらしい。
三国無双オンラインの場合、実行ファイルがSSMO.binなもんだから、どうしたものかとおもったところ、SSMO.bin.exeにリネームしてそっちを直にたたいたらちゃんと動いたので、それで追加した。

で、設定していてどうにも気になるところがあった。
それがMulti-GPU performance mode。
GTX295の場合はSingle GPU, Force alternate frame rendering 1, Force alternate frame rendering 2の3個がある。
カードを物理的に2枚さしているような場合はこのほかにSplit Frame Rendering(SFR)あたりがあるんだろう。

シングルGPUはシングル動作なのでまあいいとして、SFRは一つのフレームをたとえば上下に分割して別々に描画するモードらしい。
GTX295の2枚差しとかだと4-way SFRとかで4分割したりするらしい。
描画領域の描画負荷とかも考えて分割するらしく、単純に1:1分割ではない模様。
でもって、AFRの方は、フレームごとに描画するGPUを変えるモードらしい。
まあここまではわかっていた。
が、わからなかったのはAFR1とAFR2の差だ。
で、調べていたところ、たどり着いた。

Split frame rendering
Alternate frame rendering 1
Alternate frame rendering 2*

*Alternate frame rendering 2 is an alternate version of AFR that may provide better performance than AFR 1 on some applications

要するに、AFRのバージョン違いでものによっては2の方がいいよっていうことだそうだ。
とりあえず特に理由がなければAFR1でよろしかろう。

2010/04/30追記
と思ったんだけど、ものによっては結構パフォーマンスが変わる。
Single GPUの方がAFR1よりパフォーマンスがでるという現象に遭遇した。
そのケースだとAFR2だとアップ。
アプリによっていろいろ比較してみた方が良さそうだ。
nVidiaの方でアプリケーションプロファイルが用意されているものに関してはそのまま使えばいいんだろうけど。

Windows7でのフルスクリーンゲームのストリーミング

いわゆる実況とか配信ってやつなんですが、Windows7だと一筋縄ではいかないようで。
とりあえず、個人用ライブストリーミングサイトで日本人にある程度知名度があるところといえば、

  • PeerCast
  • Livetube
  • ニコ生

この辺だろうか。
まあ、どれでいくにしても、デスクトップ配信するにはそれを取り込むソフトが必要になる。
そこでオーソドックスなものがどうやらSCFH DSFってやつらしい。

んだが、Windows7ではこのソフトではウィンドウ化されたものは拾えるのだが、フルスクリーンのものは拾えない。
XPではできてるひとがいるのできっとできるんだろう。
XPでは単純にデスクトップ領域上にかぶせた形でフルスクリーン化されたウィンドウを表示させているだけなようなので、座標(0,0)から対象のゲームの画面サイズを領域していしてやればいけるようだ。
(一部のゲームでは開始座標が0,0ではないようだがその辺もはじっこがみえれば調整できるだろう)

んだがWindows7ではデスクトップ領域のどっこにもみあたらない。
そこで、フルスクリーンのゲームなんかを拾いたい場合、ほかの方法を考える必要がある。
それが出来そうなソフトを物色してみたものの、一つしか見つからない。
それがDxtory。
DxtoryはDirectXなアプリのキャプチャソフトとして有名だと思うんだけども、このソフト、キャプチャした映像をファイルに落とさずにDirectShow出力することも出来る。
やり方はDirectShow出力でストリームを選択すればOK。

で、ゲームをDxtoryでキャプチャしながら、次に配信アプリ側でソースにDxtoryを指定してやればいける。

これはLivetubeの配信アプリでの画面だが、Windows Media Encoderなんかでも同様。
ただ、見ての通りレジストしてないととても邪魔なロゴが表示される。
コレはとてもやるせない。
誰か邪魔なロゴくっつけないでDirectXアプリをDirectShow出力してくれるソフトを作ってくれないものでしょうか。

ゲームの多重起動とか窓化とか

ゲームによっては多重起動したいやつとか窓化したいゲームとかある。
まあたいてい特定ジャンルのオンラインゲームだけど。
で、最近書いてるとおり仮想マシン使えば種別問わず共通の方法でそれらを実現できるわけだけども、検索できてるやつみて気づいた。
やり方っていうやり方は大して書いてないことに。
ということでまとめてみる。

続きを読む ゲームの多重起動とか窓化とか

アークサイン2010/01/19アップデートのバグ報告

ええと、結構このゲームアップデートのたびになにかとバグ降らしてくるんですけど、今回もきたのでせっかくなので書いておきますね。

まず、アップデート直後。
1ch, 2chのデータがおかしく、経験値が99.99%になったり、お金が0になったりするひとが発生。
レベルキャップ40なのにレベル93になっちゃったりする人が登場。
ダメージを受けたときに出す声と、死んだときに出す声が入れ替わって悲鳴オンライン開始。

そして23時頃、掲示板にいくとギルドチャットが使えなくなる現象が発生。
ギルド情報を見ると自分の接続チャンネルがころころ変わって意味不明な状態に。
23:30頃、ギルドがうんたらというエラーが出る。
そしてギルドに所属してないことになる。

そして掲示板サーバに接続できなくなる。

いつの間にかPTが崩壊。
気づけばボス戦のアナウンスや、+8以上の強化成功のアナウンス等々もでなくなっている。
今ここ。
未だに23時以降の不具合について、運営からの告知もなにもない。