カテゴリー別アーカイブ: PC

linuxで無線lan(挫折)

最近とっても無線Lanのアクセスポイントがほしいと思っている。
というのも、wiiがあってだな。
まあ、アダプタつければ有線でもかまわないんだが、なんかそれは負けなきがする。
あと、ノートもあってだな。

で、昨日サーバ用のLanケーブルを買いにビックカメラへ行ったわけなんだけども、そこでついでにちょろっと無線lanコーナーのぞいてみた。
11g/bとかだとUSBでつなげて親機になれるやつ結構あるけど、11nはまだないんだろうなーっておもってたんだけど、あった。
CG-WLUSB300N。
他にもあったが、これが一番安かった
コレガなのは心配だが、この値段ならあきらめもきくので、とりあえず買った。

で、問題は、自分はlinuxで無線lanなんぞ使ったことがない。
とりあえず、きっとカーネルモジュールにこいつのドライバなんて付属してないだろうと思うわけで、製品みてもサポートOSにLinuxなんて入っているわけがない。
そうなると悪戦苦闘することは目に見えていたが、まあとりあえずやってみようと。
ダメだったらノート用の11nの子機にすればいいだろうし、最悪ヤフオクでうっぱらえばいいだろう。
ということで挑戦が始まった。

続きを読む linuxで無線lan(挫折)

linuxでe1000

今のママンにはとりあえず蟹さんのネットワークチップがのってるわけだけども、intelのNICもPCIに刺さっていたりする。
なんだけども、結局使っていない。
なぜかというと、使うとカーネルがエラーはきまくってNICが死ぬからだ。

なんだが、電源問題とCPUの熱問題が解決した今、ひょっとしたらいけるんじゃ無かろうかと思って再挑戦。
とりあえず、lspciしてみる。

03:05.0 Ethernet controller: Intel Corporation 82541PI Gigabit Ethernet Controller (rev 05)

確かこの子、e1000ってドライバでカーネルに付属していたはず。
ということはだな。
ethの対応を変えてやれば幸せになれるんじゃ無かろうかと。

つーことで、/etc/udev/rules.dをみてみる。

# ls
65_mdadm.vol_id.rules   70-persistent-net.rules      z60_hdparm.rules
70-persistent-cd.rules  70-persistent-net.rules.bak

あ、はい。
あからさまに過去の遺産っぽいbakupファイルが。
とりあえず、70-persistent-net.rulesの中身を見てみた感じ、ここでNICの名前の対応とドライバの対応、MACアドレスの割り当てをしているようだ。
つーことで文法よくわかってないけど見よう見まねで適当に設定。

# Intel NIC
SUBSYSTEM==”net”, ACTION==”add”, DRIVERS==”?*”, ATTR{address}==”xx:xx:xx:xx:xx:xx”, ATTR{t
ype}==”1″, KERNEL==”eth*”, NAME=”eth0″

再起動してみた。

Apr 27 01:26:36 debian kernel: [   21.125579] ADDRCONF(NETDEV_UP): eth0: link is not ready
Apr 27 01:26:36 debian kernel: [   24.512774] e1000: eth0: e1000_watchdog: NIC Link is Up 1000 Mbps Full Duplex, Flow Control: RX
Apr 27 01:26:36 debian kernel: [   24.514307] ADDRCONF(NETDEV_CHANGE): eth0: link becomes ready

あ、幸せになれたみたい。

grub2のupdate-grubで怒られた

怒られた内容は以下。

# update-grub
Generating grub.cfg …
Warning: update-grub_lib is deprecated, use grub-mkconfig_lib instead
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.26-2-amd64
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.26-2-amd64
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.26-1-amd64
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.26-1-amd64
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.24-1-amd64
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.24-1-amd64
done

あ、はい。
とりあえずそういうときはgrepだろ。

# cd /etc/grub.d/
# grep update-grub *
00_header:# update-grub helper script.
10_hurd:# update-grub helper script.
10_hurd:. ${libdir}/grub/update-grub_lib
10_linux:# update-grub helper script.
30_os-prober:# update-grub helper script.

あ。はい。

# vi 10_hurd

. ${libdir}/grub/update-grub_lib

. ${libdir}/grub/grub-mkconfig_lib
に書き換え。

# update-grub
Generating grub.cfg …
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.26-2-amd64
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.26-2-amd64
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.26-1-amd64
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.26-1-amd64
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.24-1-amd64
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.24-1-amd64
done

幸せになれた。

mixiからWordPressへの日記の移行

mixiで多少日記を書いていたんだけども、それをWordPressに移行したいナと思った。
で、mixiで自分の日記を見ようとしたら、外部ブログ設定してるとどうやら過去に書いたものを表示させることさえできない模様。
仕方がないのでいったんmixiブログを使用するように戻す。

続きを読む mixiからWordPressへの日記の移行

mixiとWordPressの連動

とりあえずmixi一応使ってるわけで、連動させなきゃいけないな、ということでちょろっとぐぐってみた。
すると、なんか外部ブログとして設定するほかにもmixiに同時投稿するようなプラグインがでているようだ。
個人的にはmixiとかその他いろいろなところが運営しているブログサービスやらあるけども、そういうところ、いわゆる第三者管轄下にあるところにあんまりデータをおきたくない。
ということで、mixiに同時投稿するんじゃなくて普通に外部ブログとして設定する方向に。
同時投稿はきっとこの辺のサイトを参考にすればできるんじゃないだろうか。

んでまあ、mixiの設定画面だとWordPressに直接は対応していなかった。
そういうわけで、外部ブログの設定でその他を選んでrssのURLを指定しないといけない。
でまあWordPressのディレクトリのぞいてみたらなんかそれっぽいのが三つもある。
wp-rdf.php wp-rss.php wp-rss2.php
でまあまたぐぐってみたら wp-rdf.php が正解らしい。
ということで設定してみたらいけた。

ちなみに、結構文字コード関連でトラブルが発生してうまくいかないことがあるらしい。
うちはUTF-8で構築したからかなんら問題おきずあっさりいったけど、うまくいかない人はRSS FeedのValidiateが通らないようだ。
まあ、そういう場合はエラー内容眺めて場合によってはスクリプトを改造しなければならない模様。

ワードプレスでパーマリンクを設定してみた

以前は設定しようとしてもうまくいかなかったパーマリンク設定。
特に何を変えたと言うことでもないんだけど今回はうまくいった。
おそらくapache周りに当時のバージョンで不具合があったんだろう。
(うちのサーバはdebian/sidです)
ということでやり方を簡単に。

  1. apacheにmod_rewriteモジュールをつっこむ。
  2. .htaccessを使うなりapache側で設定するなりして、WordPressの公開ディレクトリ(index.phpのあるディレクトリ)で以下を有効にする。
    • FollowSymLinksオプション
    • FileInfoディレクティブ
  3. WordPressでパーマリンク設定をする。
  4. .htaccessが公開ディレクトリになければ作って以下を記述。
    あってなおかつwwwに書き込み権限がある場合は勝手に記述されるので必要なし。
    あってもwwwに書き込み権限がないならやっぱり記述。
    っていうか書き込み可能に普通しないよね。

    • <IfModule mod_rewrite.c>
      RewriteEngine On
      RewriteBase /
      RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
      RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
      RewriteRule . /index.php [L]
      </IfModule>

前も同じことやったはずなんだがうまくいかなかったんだけど、まあ、うまくいってよかった。

Q6600 G-0ステッピングの実力

えー、この間、Q6600のG0ステッピングをゲットしました。

で、ようやく箱やらなんやらも届いて、マシンもほぼできあがったので、軽くOCかけてみました。

そしたらですね。

電圧にカツ入れなしで、

266 * 9 = 2400MHz

から

350 * 9 = 3150MHz

まで、さっくりあがっちゃいました。

しかも、なぜか、電圧が現状、1.2V(cpu-z, everest参照)みたいなんです。

1.25V(CoreTemp VID参照)なのかもしれないけど、どっちにしても少ないんです。

ちなみにBIOSだとNormal設定です。

一応Normalは1.25Vよ、みたいな感じで出てたので、1.25なんでしょうか。

で、元々Q6600は、定格で1.35Vです。

どうやら、石が、そんなにいらねーって言ってるみたいなんです。

メモリの方はさすがにカツ入れないと回らないorエラー起こすので、0.2V追加で盛って2.05Vです。(525 * 2で回ってる)

366 * 9までもってくと、さすがにCPUにカツ入れないといけないようです。

っていっても、定格電圧にまで昇圧すれば普通に回ってくれます。

なんていうか、なにこのCerelon 300A。